ミネラル // マグネシウム

参考文献

参考文献

  1. Shils ME. マグネシウム。In: O'Dell BL, Sunde RA, eds. 栄養上必須ミネラルのハンドブック。New York: Marcel Dekker, Inc; 1997:117–152.
  2. Spencer H, Norris C, Williams D. ヒトにおけるマグネシウムバランスとマグネシウム吸収に対する亜鉛の抑制効果。J Am Coll Nutr. 1994; 13(5):479–484.
  3. Rude RK, Shils ME. マグネシウム。In: Shils ME, Shike M, Ross AC, Caballero B, Cousins RJ, eds. 健康と病気における現代の栄養。第10版。Baltimore: Lippincott Williams & Wilkins; 2006:223–247.
  4. 米国食品栄養委員会、医学研究所。マグネシウム。食事摂取基準量:カルシウム、リン、マグネシウム、ビタミンDおよび、フッ化物。Washington D.C.: National Academy Press; 1997:190–249.
  5. Schwartz R, Walker G, Linz MD, MacKellar I. 食物マグネシウムとタンパク質の2つのレベルへの思春期の少年の代謝反応。I.マグネシウムと窒素貯留。Am J Clin Nutr. 1973; 26(5):510–518.
  6. Ascherio A, Rimm EB, Giovannucci EL, et al. 栄養因子のプロスペクティブ研究と米国人における高血圧症。Circulation. 1992; 86(5):1475–1484.
  7. Ascherio A, Hennekens C, Willett WC, et al. 米国女性における栄養因子、血圧および、高血圧症のプロスペクティブ研究。高血圧症1996; 27(5):1065–1072.
  8. Peacock JM, Folsom AR, Arnett DK, Eckfeldt JH, Szklo M. 血清マグネシウムと食物マグネシウムの附随的高血圧症との関係:コミュニティにおけるアテローム性動脈硬化症リスク研究(ARIC)。Ann Epidemiol. 1999; 9(3):159–165.
  9. Marx A, Neutra RR. 飲料水に含まれるマグネシウムと虚血性心疾患。Epidemiol Rev. 1997; 19(2):258–272.
  10. Liao F, Folsom AR, Brancati FL. 低マグネシウム濃度は、冠動脈性心疾患発症のリスクファクターか?コミュニティにおけるアテローム性動脈硬化症リスク研究(ARIC)。Am Heart J. 1998; 136(3):480–490.
  11. Song Y, Manson JE, Cook NR, Albert CM, Buring JE, Liu S. 女性における食物マグネシウム摂取と心血管疾患のリスク。Am J Cardiol. 2005; 96(8):1135–1141.
  12. Sontia B, Touyz RM. 高血圧症におけるマグネシウムの役割。Arch Biochem Biophys. 2007; 458(1):33–39.
  13. Dickinson HO, Mason JM, Nicolson DJ, et al. 上昇した血圧を下げるライフスタイル介入:ダンダム化比較試験の体系的なレビュー。J Hypertens. 2006; 24(2):215–233.
  14. Sibai BM. 子癇の診断、予防および、管理。Obstet Gynecol. 2005; 105(2):402–410.
  15. Altman D, Carroli G, Duley L, et al. 妊娠高血圧腎症を発症した女性とその胎児に対する硫酸マグネシウムの効果はあるか?The Magpie Trial: ランダム化プラセボ比較試験。Lancet. 2002; 359(9321):1877–1890.
  16. Ema M, Gebrewold A, Altura BT, Altura BM. 硫酸マグネシウムは、脳血管のアルコール誘因の痙攣を防止する:オス対メスのラットからの脳微小循環でのその場研究。Magnes Trace Elem. 1991; 10(2–4):269-280.
  17. Belfort MA, Anthony J, Saade GR, Allen JC, Jr. 子癇予防のための硫酸マグネシウムとニモジピンの比較。N Engl J Med. 2003; 348(4):304–311.
  18. Woods KL, Fletcher S, Roffe C, Haider Y. 急性心筋梗塞が疑われる患者への硫酸マグネシウムの静脈注射:第2Leicester Intravenous Magnesium Intervention Trial (LIMIT-2)の成果。Lancet. 1992; 339(8809):1553–1558.
  19. Woods KL, Fletcher S. 急性心筋梗塞が疑われる患者への硫酸マグネシウムの静脈注射後の長期結果:第2Leicester Intravenous Magnesium Intervention Trial (LIMIT-2)の成果。Lancet. 1994; 343(8901):816–819.
  20. ISIS-4: 急性心筋梗塞と疑われる58,050人の患者を対象とした早期経口カプトプリル、経口モノニトラートおよび、硫酸マグネシウム静脈注射を査定するランダム化要因試験。ISIS-4 (梗塞症生存者の第4国際研究)コラボレイティブグループ。 Lancet. 1995; 345(8951):669–685.
  21. Ziegelstein RC, Hilbe JM, French WJ, Antman EM, Chandra-Strobos N. 米国における急性心筋梗塞の治療におけるマグネシウムの使用(心筋梗塞の第2国家登録からの観察)。Am J Cardiol. 2001; 87(1):7–10.
  22. Li J, Zhang Q, Zhang M, Egger M. 急性心筋梗塞のためのマグネシウム静脈注射。Cochrane Database Syst Rev. 2007; (2):CD002755.
  23. Shechter M, Sharir M, Labrador MJ, Forrester J, Silver B, Bairey Merz CN. 経口マグネシウム療法は、虚血性心疾患の患者において内皮機能を改善する。Circulation. 2000; 102(19):2353–2358.
  24. Shechter M, Merz CN, Paul-Labrador M, et al. 経口マグネシウムサプリメント投与は、虚血性心疾患の患者における血小板依存の血栓症を抑制する。Am J Cardiol. 1999; 84(2):152–156.
  25. Song Y, Li TY, van Dam RM, Manson JE, Hu FB. 女性における全身性炎症と内皮機能不全のマーカーのマグネシウム摂取と血漿濃度。Am J Clin Nutr. 2007; 85(4):1068–1074
  26. Maier JA, Malpuech-Brugere C, Zimowska W, Rayssiguier Y, Mazur A. 低マグネシウムは、内皮細胞機能不全を促進する:アテローム性動脈硬化症、炎症性疾患および、血栓症。Biochim Biophys Acta. 2004; 1689(1):13–21.
  27. Tosiello L. 低マグネシウム血症と真性糖尿病。臨床上の意義の検証。Arch Intern Med. 1996; 156(11):1143–1148.
  28. Paolisso G, Sgambato S, Gambardella A, et al. 毎日のマグネシウムサプリメントは、老齢者患者におけるグルコース処理を改善する。Am J Clin Nutr. 1992; 55(6):1161–7.
  29. Rodriguez-Moran M, Guerrero-Romero F. 経口マグネシウムサプリメント投与は、2型糖尿病患者におけるインスリン感受性と代謝制御を改善する:二重盲検法によるランダム化比較試験。糖尿病のケア。2003; 26(4):1147–1152.
  30. Song Y, He K, Levitan EB, Manson JE, Liu S. 2型糖尿病における血糖コントロール上の経口マグネシウムサプリメント投与の効果:二重盲検法によるランダム化比較試験のメタ・アナリシス。Diabet Med. 2006; 23(10):1050–1056.
  31. Sojka JE, Weaver CM. マグネシウムサプリメント投与と骨粗しょう症。Nutr Rev. 1995; 53(3):71–74.
  32. Tucker KL, Hannan MT, Chen H, Cupples LA, Wilson PW, Kiel DP. カリウム、マグネシウムおよび、果物と野菜の摂取は年配の男性と女性におけるより高い骨塩密度につながる。Am J Clin Nutr. 1999; 69(4):727–736.
  33. Stendig-Lindberg G, Tepper R, Leichter I. 骨粗しょう症における経口マグネシウム投与の2年間にわたる比較試験における骨梁密度。Magnes Res. 1993; 6(2):155–163.
  34. Abraham GE, Grewal H. カルシウムの代りにマグネシウムを強調する総食物プログラム。ホルモン療法を施療中の閉経後の女性における踵骨のミネラル密度上の効果。J Reprod Med. 1990; 35(5):503–507.
  35. Mauskop A, Altura BM. 片頭痛の原因と治療におけるマグネシウムの役割。Clin Neurosci. 1998; 5(1):24–27.
  36. Peikert A, Wilimzig C, Kohne-Volland R. 経口マグネシウムによる片頭痛の予防法:プロスペクティブ、多施設、二重盲検法によるプラセボ比較ランダム化研究。頭痛。Cephalalgia. 1996; 16(4):257–263.
  37. Pfaffenrath V, Wessely P, Meyer C, et al. 片頭痛予防におけるマグネシウム--二重盲検法によるプラセボ比較試験。頭痛。1996; 16(6):436–440.
  38. Wang F, Van Den Eeden SK, Ackerson LM, Salk SE, Reince RH, Elin RJ. 子供の頻繁な片頭痛の経口酸化マグネシウムによる予防:二重盲検法によるランダム化プラセボ比較試験。頭痛。2003; 43(6):601–610.
  39. Skobeloff EM, Spivey WH, McNamara RM, Greenspon L. 救急部門の急性喘息の治療のための硫酸マグネシウムの静脈注射。JAMA. 1989; 262(9):1210–1213.
  40. Tiffany BR, Berk WA, Todd IK, White SR. マグネシウムの大粒の丸薬または、点滴は急性喘息が悪化した場合呼気のフローを改善できない。胸部。1993; 104(3):831–834.
  41. Rowe BH, Bretzlaff JA, Bourdon C, Bota GW, Camargo CA, Jr. 救急部門で急性喘息の悪化を治療するための硫酸マグネシウム。Cochrane Database Syst Rev. 2000; (2):CD001490.
  42. Cheuk DK, Chau TC, Lee SL. 急性喘息治療のための硫酸マグネシウム静脈注射のメタ・アナリシス。Arch Dis Child. 2005; 90(1):74–77.
  43. Monteleone CA, Sherman AR. 栄養素と喘息。Arch Intern Med. 1997; 157(1):23–34.
  44. Beasley R, Aldington S. 喘息の治療におけるマグネシウム。Curr Opin Allergy Clin Immunol. 2007; 7(1):107–110.
  45. Fogarty A, Lewis SA, Scrivener SL, et al. 喘息における経口マグネシウムおよび、ビタミンCサプリメント:平行グループランダム化プラセボ比較試験。Clin Exp Allergy. 2003; 33(10):1355–1359.
  46. Blitz M, Blitz S, Beasely R, et al. 急性喘息の治療における硫酸マグネシウムの吸入。 Cochrane Database of Syst Rev. 2007; 19(4):CD003898.
  47. Starobrat-Hermelin B, Kozielec T. 注意欠陥/多動性障害(ADHD)を発症した児童における異常活発性上のマグネシウム生理学的サプリメント投与の効果:マグネシウム経口負荷テストへのポジティブな反応。マグネシウム研究。1997; 10(2):149–156.
  48. Baumgaertel A. 注意欠陥他動性障害の子供のための代替治療および、問題となる治療。Pediatr Clin of North Am. 1999; 46(5):977–992.
  49. Howard JM, Davies S, Hunnisett A. 不妊症女性患者における赤血球マグネシウムとグルタチオン・ペルオキシターゼ:マグネシウムとセレニウムの経口サプリメント投与の効果。Magnes Res. 1994; 7(1):49–57.
  50. Pearlstein T, Steiner M. 月経前症候群の非抗鬱病剤による治療。J Clin Psychiatry. 2000; 61 Suppl 12:22–27.
  51. Bendich A. 月経前症候群(PMS)の症状を軽減する食物サプリメントの可能性。J Am Coll Nutr. 2000; 19(1):3–12.
  52. 食物科学委員会のリポート(シリーズ第31):欧州共同体における栄養素とエネルギー摂取。1993年。
  53. 英国国家統計局、The National Diet & Nutrition Survey (NDNS):19才~63才までの成人(2003年)。
  54. Irish Universities Nutrition Alliance (IUNA), The North-South Ireland Food Consumption Survey (2001).
  55. Institut für Ernährungswissenschaften, Österreichischer Ernährungsbericht (1998).
  56. 米国農務省、食品調査研究グループ(2009年)。What we eat in America, NHANES 2005-2006; www.ars.usda.gov/ba/bhnrc/fsrg.
  57. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001.
  58. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンおよび、ミネラルの許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報