ビタミンB1// チアミン

供給状況

ヨーロッパ 諸国での国民栄養調査は、以下のようなビタミンBの現在の摂取傾向を示しました。

ドイツでは、男性は概ね政府の定めるBビタミン群の推奨摂取量を満たしています。しかし、かなり多くの女性は、ビタミンB1(チアミン)および、ビタミンB2 (リボフラビン) (17)についての所要摂取量を満たしていません。

それに比較し、オーストリアにおいては、特定の人口グループについて、ビタミンB1(チアミン)、ビタミンB2 (リボフラビン) および、ビタミンB6 (ピリドキシン) が欠乏していることを示しています。25才未満および、年齢が35才から45才までの女性についは、B1、B2および、B6のための所要摂取量を満たしていませんでした。オーストリアの成人男性については、年齢が46才から55才までの人々がB2についての所要摂取量を満たしており、年齢が36才から45才までと56才(18)を超える成人男性についてはB6の摂取が不十分であることが証明されました。

米国においては、ビタミンB1(チアミン)の平均食物摂取量は若年成人男性については1日当たり約2ミリグラムまた、若年女性については1日当たり1.2ミリグラムです。

60才以上の人口調査では、1日当たりチアミンの食物による平均摂取量は、男性が1.4ミリグラムまた、女性が1.1ミリグラムであることが判りました(15)

しかし、施設への収容と貧困の双方が、高齢者における不十分なビタミンB1(チアミン)摂取量の尤度を高める結果となっています(16)

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報