ビタミンB2 // リボフラビン

安全性

人におけるビタミンB2(リボフラビン)の高用量摂取の毒性あるいは、健康への副作用は報告されていません。

リボフラビンの高用量投与では、尿の色の山吹色が濃くなる無害な副作用があることが判っています。

生体外(細胞培養)研究では、過剰なリボフラビンが既知の発ガン性物質として知られるクロムの存在でDNA鎖切断のリスクを増大させる可能性のあることが指摘されています(23) 。この事実は、クロムに常時さらされる労働者には懸念材料となりますが、人についての特定のデータは他に見つかっていません。

許容上限摂取量

現在のところ、ビタミンB2についての許容上限摂取量(UL)は確立されておりません (1, 24)

薬物間相互作用

以下に留意ください:

相互作用の可能性があるため、栄養補助食品は、摂取に先立って必ず医師にご相談ください。

 

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報