nutrientthumbnail

ビタミン B2

リボフラビンとしても知られるビタミンB2は、水溶性Bビタミンです。「フラビン」という用語は、このビタミンが黄色であることを意味するラテン語の「flavus」が発端となっています。ビタミンB2 は、主として補酵素フラビン・アデニン・ジヌクレオチド(FAD)とフラビン・モノヌクレオチド(FMN)の不可欠な構成要素として人体内に含まれます(1)。リボフラビンから生成された補酵素は、「フラボ補酵素-flavocoenzymes」と呼ばれフラボ補酵素を使う酵素は、「フラビンタンパク質」と呼ばれます(2)

Download PDF

詳しく見る

ビタミンB2について知っておくべきこと

  • 推奨摂取量

    1993年、ヨーロッパ食品科学委員会は、ビタミンB2(リボフラビン)の参照摂取量(PRI)を1日当たりミリグラム(mg)単位で設定しました (14). 続きを読む

  • 供給状況

    ヨーロッパ諸国での国民栄養調査は、幾つかのビタミンBの現在の摂取傾向を明らかにしています。 続きを読む

  • 欠乏症

    ビタミンB2(リボフラビン)欠乏症の症状は、咽頭痛、口腔および、咽喉粘膜の充血および腫脹、口唇の外部周辺部や口角のひび割れや痛み、舌の炎症と充血および、湿疹、鱗屑性皮膚炎。 続きを読む

  • 給源

    ほとんどの植物および、動物由来の食物は、少なくとも少量のビタミンB2(リボフラビン)を含んでいます。相当量のリボフラビンを含む食物は、ミルク、卵、鮭、牛肉、ほうれん草、アスパラガスおよび、ブロッコリです。 続きを読む

  • 安全性

    人におけるビタミンB2(リボフラビン)の高用量摂取の毒性あるいは、健康への副作用は報告されていません。 続きを読む

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報