ビタミンB2 // リボフラビン

保健機能

生命有機体は、電子の転送を伴って必要なエネルギーを酸化還元(レドックス)反応から生成します。ビタミンB2 (リボフラビン) は、多くの代謝経路 (3) の酸化還元反応に関与し、薬剤毒物の代謝 (4)を支え、炭水化物、脂肪および、タンパク質の代謝にとって重要な「フラボ補酵素」の先駆体です。

フラボ補酵素依存の「グルタチオン酸化還元サイクル」は、潜在的に有害な効果をもたらす活性酸素種から生命体を保護する重要な抗酸化機能を備えています。リボフラビン欠乏症は、酸化ストレスの増加によって発症します (4)。一方フラボ補酵素依存の酸化反応は、血液中の最も効果的な水溶性抗酸化物質である尿酸を生成します (5)

フラビンタンパク質は、B3B6、および、 B9 (6, 7, 8)などの「ビタミンB複合体」の複数のビタミン代謝に関連しています。

そのメカニズムは解明されていませんが、動物実験ではビタミンB2(リボフラビン)欠乏症が 吸収を阻害し、腸内の鉄の損失を増加させまた/あるいは、ヘモグロビン合成に必要な鉄の利用の機能を損なう可能性があることを示唆しています。人体の場合には、リボフラビン栄養素状態を改善することで、血中ヘモグロビン濃度を増加させることが証明されています (9)

欧州委員会などに科学的助言を行う欧州食品安全機関 (EFSA)は、以下に貢献するビタミンB2の食物摂取に関連する明確な健康上の利点が、確立されていることを裏付けました:

  • 正常なエネルギー産生代謝;
  • 人体内のの正常な代謝;
  • 正常な皮膚と粘膜の維持;
  • 正常な赤血球の維持;
  • 正常な視覚の維持;
  • 酸化的損傷からの細胞成分の保護;
  • 神経系の正常な機能の維持;
  • 疲労感と倦怠感の軽減。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報