ビタミンB2 // リボフラビン

欠乏症

原因

アルコール中毒患者は、ビタミンB2の摂取不足、吸収障害および、利用能障害によるビタミンB2(リボフラビン)欠乏症の増大するリスクにさらされます。

さらに、拒食症患者たちは適正なリボフラビン摂取が極めて難しく、乳糖(ラクトース)不耐症の患者たちはミルクまたは、リボフラビンの好給源である他の乳製品を摂取することができません。

ビタミンB2 (リボフラビン)欠乏症は、単独で識別できない特徴があります;すなわち多くの場合他の水溶性ビタミン欠乏症との組み合わせで存在することが多いのです。

症状

ビタミンB2(リボフラビン)欠乏症の症状は、咽頭痛、口腔および、咽喉粘膜の充血および腫脹、口唇の外部周辺部や口角のひび割れや痛み、舌の炎症と充血および、湿疹、鱗屑性皮膚炎。 他の症状は、角膜の透明な皮膜内への血管の形成および、赤血球数の減少などです(1,  3)

154人の妊婦を対象とした研究では、リボフラビン不足であった人々が、妊娠中に4.7倍血圧上昇を伴う妊娠高血圧腎症、蛋白尿および、浮腫(重篤な腫脹)を発症し易いことを確認しました (19)。しかし、妊娠高血圧腎症の病歴のある450人の妊婦を対象とする小規模のランダム化プラセボ比較試験では、1日15ミリグラムのリボフラビンサプリメントを投与してもこの病状を防止することができないことが判明しました(20)

赤血球内における「グルタチオン還元酵素」活性の測定は、もっぱらリボフラビン栄養状態の評価に使用されます(21)

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報