ビタミンB7 // ビオチン

安全性

ビタミンB7(ビオチン)の毒性は確認されておりません。

しかし、2ヶ月間1日当たり10,000マイクログラム(10ミリグラム)のビタミンB7(ビオチン)と1日当たり300ミリグラムのビタミンB5(パントテン酸)の組み合わせの投与を受けた老齢の女性患者に命にかかわる「好酸球性胸水」の発症が認められた1事例報告があります (36)

許容上限摂取量

副作用に関するリポート不足のため、保健機関はビオチンのための許容上限摂取量(UL)を確立していません (1, 26)

1日最大5,000マイクログラム(mcg)までの2年間にわたるビオチンの経口投与では、副作用との関連性はありませんでした (37)

ビオチン代謝の遺伝性障害を持つ人々において、サプリメントは1日当たり最大200,000マイクログラムまでが問題なく投与されています (1)

栄養素相互作用

ビタミンB5 (パントテン酸) の高用量投与は、ビタミンB7(ビオチン)とは同じ構造であるため腸と細胞摂取について双方が競合する可能性があります(38)

薬物間相互作用

以下に留意ください:

相互作用の可能性があるため、栄養補助食品は、摂取に先立って必ず医師にご相談ください。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報