ビタミンC // アスコルビン酸

参考文献

参考文献

  1. Levine, Mark, et al. 最適なビタミンC所要摂取量の決定。American Journal of Clinical Nutrition, 1995; 62:1347–56.
  2. Carr AC, Frei B. 抗酸化物質と健康を維持するためのビタミンCの新しい推奨摂取量に関して。Am J Clin Nutr. 1999; 69(6):1086–1107. 
  3. Simon JA, Hudes ES. 米国成人間の血清アスコルビン酸と胆嚢疾患有病率:Third National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES III).Arch Intern Med. 2000; 160(7):931–936. 
  4. Losonczy KG, Harris TB, Havlik RJ. ビタミンEとビタミンCサプリメント投与と高齢者における全死因死亡率および、冠動脈血栓症死亡率のリスク:Established Populations for Epidemiologic Studies of the Elderly.Am J Clin Nutr. 1996; 64(2):190–196. 
  5. Kushi LH, Folsom AR, Prineas RJ, Mink PJ, Wu Y, Bostick RM. 食物抗酸化ビタミンと閉経後の女性における冠動脈性心疾患による死亡。N Engl J Med. 1996; 334(18):1156–1162. 
  6. Enstrom JE, Kanim LE, Klein MA. 米国人口サンプル間のビタミンC摂取と死亡率。疫学。1992; 3(3):194–202. 
  7. Enstrom JE. 対比--ビタミンCと死亡率。Nutr Today. 1993; 28:28–32. 
  8. Osganian SK, Stampfer MJ, Rimm E, et al. 女性におけるビタミンCと冠動脈性心疾患のリスク。J Am Coll Cardiol. 2003;42(2):246–252. 
  9. Knekt P, Ritz J, Pereira MA, et al. 抗酸化ビタミンと冠動脈性心疾患:9件のコホート研究の統合分析。Am J Clin Nutr. 2004; 80(6):1508–1520. 
  10. Levine M, Wang Y, Padayatty SJ, Morrow J. 健康な若年女性のための新推奨栄養所要量。Proc Natl Acad Sci U S A. 2001; 98(17):9842–9846. 
  11. Frei B. Cを摂るべきか摂らざるべきか、それが問題だ!Am Coll Cardiol. 2003; 42(2):253–255. 
  12. Myint PK, Luben RN, Welch AA, Bingham SA, Wareham NJ, Khaw KT. 血漿ビタミンC濃度が、European Prospective Investigation into Cancer Norfolk prospective population研究 への20,649人の参加者における10年に及ぶ偶発性脳梗塞のリスクを予測する。Am J Clin Nutr. 2008; 87(1):64–69. 
  13. Steinmetz KA, Potter JD. 野菜、果物および、ガン予防:レビュー。J Am Diet Assoc. 1996; 96(10):1027–1039. 
  14. Kromhout D. 発ガンとの関連における主要栄養素。Am J Clin Nutr. 1987; 45(5):1361–1367. 
  15. Zhang S, Hunter DJ, Forman MR, et al. 食物カロテノイドおよび、ビタミンA、Cおよび、Eと乳ガンのリスク。 J Natl Cancer Inst. 1999; 91(6):547–556. 
  16. Michels KB, Holmberg L, Bergkvist L, Ljung H, Bruce A, Wolk A. スウェーデン女性の大規模疫学的調査における食物抗酸化物質、各種ビタミン、レチノールと乳ガンの発症率。Int J Cancer. 2001; 91(4):563–567. 
  17. 食品栄養委員会、(米)医学研究所。ビタミン C。ビタミンC、ビタミンE、セレニウムおよび、カルテノイドのための栄養摂取基準。Washington D.C.: National Academy Press; 2000:95–185. 
  18. Feiz HR, Mobarhan S. ビタミンC摂取は、ヘリコバクター・ピロリ菌感染人口における胃ガンの進行を減速するか? Nutr Rev. 2002; 60(1):34–36. 
  19. Jacques PF, Chylack LT, Jr., Hankinson SE, et al. 長期栄養素摂取と初期加齢性眼球水晶体の混濁。Arch Ophthalmol. 2001; 119(7):1009–1019. 
  20. Simon JA, Hudes ES. アメリカ人高齢者間の自己申告された白内障の血清アスコルビン酸とその他の相関物。J Clin Epidemiol. 1999; 52(12):1207–1211. 
  21. 加齢性白内障および、失明に関するビタミンC、Eおよび、β-カロテンによる高用量サプリメント投与のダンダム化プラセボ比較試験:AREDS報告書番号9。Arch Ophthalmol. 2001; 119(10):1439–1452. 
  22. Frech TM, Clegg DO. 変形性関節症の治療における栄養補助食品の効果。Curr Rheumatol Rep. 2007; 9(1):25–30. 
  23. Pattison DJ et al., 炎症性多発性関節炎発症のリスクとビタミンC:コホート内症例対照研究、 Ann Rheum Dis. 2004; 63:843–847. 
  24. Simon JA, Hudes ES. アスコルビン酸と血中鉛濃度との関係。JAMA. 1999; 281(24):2289–2293. 
  25. Dawson EB, Evans DR, Harris WA, Teter MC, McGanity WJ. 喫煙者の血中鉛濃度へのアスコルビン酸サプリメントの効果。 J Am Coll Nutr. 1999; 18(2):166–170. 
  26. Gokce N, Keaney JF, Jr., Frei B, et al. 長期アスコルビン酸投与は、冠動脈疾患を発症した患者における内皮血管運動不全を食い止める。血液循環。1999; 99(25):3234–3240. 
  27. Duffy SJ, Gokce N, Holbrook M, et al. アスコルビン酸による高血圧症の治療。Lancet. 1999; 354(9195):2048–2049. 
  28. Rodrigo R, Prat H. et al. ビタミンCおよび、Eのサプリメント投与を通しての酸化ストレスの減少と、本態性高血圧症を発症した患者における血圧低減との関連性。Clinical Science 2008; 114, 625–634. 
  29. Kaegi E, Task Force on Alternative Therapeuties of the Canadian Breast Cancer Research Initiative. 型破りなガン療法:5.ビタミンA、Cおよび、E。CMAJ. 1998; 158(11):1483–1488. 
  30. Osganian SK, Stampfer MJ, Rimm E, et al. 女性におけるビタミンCと冠動脈性心疾患のリスク。J Am Coll Cardiol. 2003; 42(2):246–252. 
  31. Lee DH, Folsom AR, Harnack L, Halliwell B, Jacobs DR, Jr. ビタミンCサプリメント投与は、糖尿病を発症した女性における心血管疾患を増加させるか? Am J Clin Nutr. 2004; 80(5):1194–1200. 
  32. 20,536人のハイリスク患者における抗酸化ビタミンサプリメント投与のMRC/BHF Heart Protection 研究:ダンダム化プラセボ比較試験。Lancet. 2002; 360(9326):23–33. 
  33. Waters DD, Alderman EL, Hsia J, et al. 閉経後の女性における冠動脈アテローム性動脈硬化症に対するホルモン補充療法と抗酸化ビタミンサプリメント投与の効果:ランダム化比較試験。 JAMA. 2002; 288(19):2432–2440. 
  34. Levy AP, Friedenberg P, Lotan R, et al. 冠動脈アテローム性動脈硬化症の進行に対するビタミン療法の効果は、閉経後の女性におけるハプトグロビンタイプによって変化。糖尿病のケア。2004; 27(4):925–930. 
  35. Douglas RM, Hemila H, D'Souza R, Chalker EB, Treacy B. 風邪予防および、治療のためのビタミンC。コクランデータベース・システムレビュー。2004(4):CD000980. 
  36. 食品科学委員会(シリーズ31号)、欧州共同体における栄養素とエネルギーの摂取に関する報告書。1993年。 
  37. Institut für Ernährungswissenschaften, Österreichischer Ernährungsbericht (1998). 
  38. Irish Universities Nutrition Alliance (IUNA). The North-South Ireland Food Consumption Survey (2001). 
  39. Gezondheidsraad, Enkele belangrijke ontwikkelingen in de voedselconsumptie (2002). 
  40. Nationale Verzehrsstudie II, 2008 (www.was-esse-ich.de), Max-Rubner-Institut, Karlsruhe, Germany. 
  41. 英国国立統計局、国民栄養調査 (NDNS):19才から64才までの成人(2003年)。 
  42. Stephen R, Utecht T. 救急部門で識別された壊血病:症例報告。J Emerg Med. 2001; 21(3):235–237. 
  43. Weinstein M, Babyn P, Zlotkin S. オレンジは医師を遠ざける:2000年における壊血病。小児科。2001; 108(3):E55. 
  44. Johnston CS, Luo B. 市販の3つのビタミンC源の吸収と排出の比較。J Am Diet Assoc. 1994; 94(7):779–781. 
  45. Gregory JF, 3rd. 食物とサプリメントにおけるアスコルビン酸生物学的利用能。Nutr Rev. 1993; 51(10):301–303. 
  46. Lee SH, Oe T, Blair IA. 脂質ヒドロペルオキシドの内因性遺伝毒性物質へのビタミンC誘導分解。科学。2001; 292(5524):2083–2086. 
  47. Podmore ID, Griffiths HR, Herbert KE, Mistry N, Mistry P, Lunec J. ビタミンCが示す酸化促進剤。Nature. 1998; 392(6676):559. 
  48. Carr A, Frei B. ビタミンCは生理学上の条件下で酸化促進剤として作用するか?FASEB J. 1999; 13(9):1007–1024. 
  49. Traxer O, Huet B, Poindexter J, Pak CY, Pearle MS. 尿路結石リスクファクターへのアスコルビン酸摂取の効果。J Urol. 2003; 170(2 Pt 1):397–401. 
  50. Levine M, Conry-Cantilena C, Wang Y, et al. 健康なボランティアにおけるビタミンC薬物動態:推奨栄養所要量のための証拠。Proc Natl Acad Sci U S A. 1996; 93(8):3704–3709. 
  51. Massey LK, Liebman M, Kynast-Gales SA. アスコルビン酸塩は、ヒトのシュウ酸塩尿と腎臓結石リスクを増大させる。J Nutr. 2005; 135(7):1673–1677. 
  52. Auer BL, Auer D, Rodgers AL. 生化学および、物理化学的なリスクファクターへのアスコルビン酸の効果はカルシウムシュウ酸塩腎臓結石形成に関連する。Clin Chem Lab Med. 1998; 36(3):143–147. 
  53. Liebman M, Chai WW, Harvey E, Boenisch L. 尿中シュウ酸濃度に対する高用量ビタミンC投与の効果。Nutr Res. 1997; 17(3):415–425. 
  54. Wandzilak TR, D'Andre SD, Davis PA, Williams HE. 尿中シュウ酸濃度に対する高用量ビタミンC投与の効果。J Urol. 1994; 151(4):834–837. 
  55. Taylor EN, Stampfer MJ, Curhan GC. 食物因子とヒトにおける付随的腎臓結石のリスク:14年追跡調査後の新たな洞察。 J Am Soc Nephrol. 2004; 15(12):3225–3232. 
  56. Ristow M. et al. 抗酸化物質は、ヒトにおける身体運動の健康促進効果を阻む。PNAS Early Edition, online. 2009. 
  57. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンとミネラルのための許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0. 
  58. Basu TK. ビタミンC-アスピリン相互作用。Int J Vitam Nutr Res Suppl. 1982;23:83–90. 
  59. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001. 
  60. Brown BG, Zhao XQ, Chait A, et al. 冠動脈疾患防止のためのシンバスタチンとナイアシン、抗酸化ビタミンまたは、併用。N Engl J Med. 2001; 345(22):1583–1592. 
  61. Collins R, Peto R, Armitage J. MRC/BHF 心臓保護研究:暫定的結果。Int J Clin Pract. 2002; 56(1):53–56.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報