ビタミンD // カルシフェロール

参考文献

参考文献

  1. Holick MF. ビタミン D:ガン、1型糖尿病、心臓病および、骨粗しょう症の防止における重要性。 Am J Clin Nutr. 2004; 79(3):362–371. 
  2. Armas LA, Hollis BW, Heaney RP. ヒトにおいては、ビタミンD2の効果はビタミンD3の効果に劣る。J Clin Endocrinol Metab. 2004; 89(11):5387–5391. 
  3. Holick MF. ビタミン D:ミレニアム展望。J Cell Biochem. 2003; 88(2):296–307. 
  4. Sutton AL, MacDonald PN. ビタミン D:この上なく誠実なホルモン。Mol Endocrinol. 2003; 17(5):777–791. 
  5. Guyton KZ, Kensler TW, Posner GH. 化学抗ガン剤としてのビタミンDおよび、ビタミンD類似物質。Nutr Rev. 2003; 61(7):227–238. 
  6. DeLuca HF. ビタミンDの一般的な生理学上の特性と機能の概要。Am J Clin Nutr. 2004; 80(6 Suppl):1689S–1696S. 
  7. Griffin MD, Xing N, Kumar R. 免疫活性化と抗原プレゼンテーションの抑制因子としてのビタミンDおよび、その類似物質。Annu Rev Nutr. 2003; 23:117–145. 
  8. Zeitz U, Weber K, Soegiarto DW, Wolf E, Balling R, Erben RG. 機能的なビタミンD受容体を欠いているマウスのインスリン分泌腺能力障害。I FASEB J. 2003; 17(3):509–511. 
  9. Borissova AM, Tankova T, Kirilov G, Dakovska L, Kovacheva R. インスリン分泌へのビタミンD3の効果および、2型糖尿病患者内の末梢インスリン感受性。Int J Clin Pract. 2003; 57(4):258–261. 
  10. Orwoll E, Riddle M, Prince M. インスリン上のビタミンDの効果と非インスリン依存性糖尿病におけるグルカゴン分泌。Am J Clin Nutr. 1994; 59(5):1083–1087. 
  11. Inomata S, Kadowaki S, Yamatani T, Fukase M, Fujita T. 真性糖尿病におけるインスリン分泌への1 アルファ (OH)-ビタミンD3の効果。 Bone Miner. 1986; 1(3):187–192. 
  12. Li YC, Kong J, Wei M, Chen ZF, Liu SQ, Cao LP. 1,25-ジヒドロキシビタミンD(3)は、レニン-アンジオテンシンシステムのネガティブな内分泌抑制因子。J Clin Invest. 2002; 110(2):229–238. 
  13. Sheng H-W. ナトリウム、塩化物および、カリウム。In: Stipanuk M, ed. 人間栄養の生化学と生理学上の見方。Philadelphia: W.B. Saunders Company; 2000:686–710. 
  14. Sigmund CD. ビタミンD(3)によるレニン表現と血圧の抑制。J Clin Invest. 2002; 110(2):155–156. 
  15. Lips P. ビタミンD欠乏症と二次性副甲状腺機能亢進症:骨損失と骨折および、治療との関連性が及ぼす重要性。Endocr Rev. 2001; 22(4):477–501. 
  16. Lips P., Hosking D, Lippuner K, et al. 骨粗しょう症を伴う女性に共通するビタミンD欠乏症の有病率:国際的疫学調査。J Intern Med. 2006; 260(3):245–254. 
  17. Feskanich D, Willett WC, Colditz GA. カルシウム、ビタミンD、ミルク摂取および、股関節骨折:閉経後の女性を対象とするプロスペクティブ研究。Am J Clin Nutr. 2003; 77(2):504–511. 
  18. Bischoff-Ferrari HA, Willett WC, Wong JB, Giovannucci E, Dietrich T, Dawson-Hughes B. ビタミンDサプリメント投与による骨折防止:ランダム化比較研究のメタ・アナリシス。JAMA. 2005; 293(18):2257–2264. 
  19. Jackson RD, LaCroix AZ, Gass M, et al. カルシウムプラスビタミンDサプリメント投与および、骨折のリスク。N Engl J Med. 2006; 354(7):669–683. 
  20. Bischoff-Ferrari HA, Giovannucci E, Willett WC, Dietrich T, Dawson-Hughes B. 複数の健康結果のための25-ヒドロキシビタミンDの最適な血中濃度の予測。Am J Clin Nutr. 2006; 84(1):18–28. 
  21. Dawson-Hughes B, Harris SS, Krall EA, Dallal GE, Falconer G, Green CL. ビタミンD投与の2つの投与量に無作為に割当てられた閉経後の女性における骨損失率。Am J Clin Nutr. 1995; 61(5):1140–1145. 
  22. Dawson-Hughes B, Harris SS, Krall EA, Dallal GE. 65才もしくは、更に高齢の男性と女性における骨密度上のカルシウムとビタミンDサプリメント投与の効果。N Engl J Med. 1997; 337(10):670–676. 
  23. Dawson-Hughes B, Harris SS, Krall EA, Dallal GE. 高齢者男女における骨質量上のカルシウムおよび、ビタミンDサプリメント使用中止の効果。Am J Clin Nutr. 2000; 72(3):745–750. 
  24. Chapuy MC, Arlot ME, Delmas PD, Meunier PJ. 高齢者女性における3年間の股関節骨折のカルシウムとコレカルシフェロール治療の効果。BMJ. 1994; 308(6936):1081–1082. 
  25. Trivedi DP, Doll R, Khaw KT. 骨折への毎月4回の経口ビタミンD3(コレカルシフェロール)サプリメント投与の効果とコミュニティーで生活する男性と女性の死亡率:二重盲検法によるランダム化比較試験。BMJ. 2003; 326(7387):469–474. 
  26. Grant AM, Avenell A, Campbell MK, et al. 高齢者におけるlow-trauma骨折の二次防止のための経口ビタミンD3とカルシウム投与 (Randomised Evaluation of Calcium Or vitamin D, RECORD):ランダム化プラセボ比較試験。Lancet. 2005; 365(9471):1621–1628. 
  27. Houghton LA, Vieth R. ビタミンサプリメントとしてのエルゴカルシフェロール(ビタミンD2)に対照的なケース。Am J Clin Nutr. 2006; 84(4):694–697. 
  28. Blutt SE, Weigel NL. ビタミンDと前立腺ガン。Proc Soc Exp Biol Med. 1999; 221(2):89–98. 
  29. Terry P, Baron JA, Bergkvist L, Holmberg L, Wolk A. 食物カルシウムおよび、ビタミンD摂取と結腸直腸ガンのリスク:女性を対象としたプロスペクティブ・コホート研究。Nutr Cancer. 2002; 43(1):39–46. 
  30. Martinez ME, Giovannucci EL, Colditz GA, et al. カルシウム、ビタミンDおよび、女性間における結腸直腸ガンの発症。J Natl Cancer Inst. 1996; 88(19):1375–1382. 
  31. Kearney J, Giovannucci E, Rimm EB, et al. カルシウム、ビタミンDおよび、酪農製品と男性における結腸直腸癌の発症。Am J Epidemiol. 1996; 143(9):907–917. 
  32. Bostick RM, Potter JD, Sellers TA, McKenzie DR, Kushi LH, Folsom AR. 高齢者女性間の結腸ガンの発症へのカルシウム、ビタミンDおよび、酪農製品摂取の関係。アイオワ女性の健康研究。Am J Epidemiol. 1993; 137(12):1302–1317. 
  33. McCullough ML, Robertson AS, Rodriguez C, et al. カルシウム、ビタミンD、酪農製品および、ガン防止研究II栄養コホート(米国)研究における結腸直腸ガンのリスク。Cancer Causes Control. 2003;14(1):1–12. 
  34. Feskanich D, Ma J, Fuchs CS, et al. 血漿ビタミンD代謝産物と女性における結腸直腸ガンのリスク。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2004; 13(9):1502–1508. 
  35. Wactawski-Wende J, Kotchen JM, Anderson GL, et al. カルシウムプラスビタミンDサプリメント投与および、結腸直腸ガンのリスク。N Engl J Med. 2006; 354(7):684–696. 
  36. Holick MF. カルシウムプラスビタミンDサプリメント投与および、結腸直腸ガンのリスク。N Engl J Med. 2006; 354(21):2287–2288; author reply 2287–2288. 
  37. Gorham ED, Garland CF, Garland FC, et al. ビタミンDと結腸直腸ガンの防止。J Steroid Biochem Mol Biol. 2005; 97(1–2):179–194. 
  38. John EM, Schwartz GG, Dreon DM, Koo J. ビタミンDと乳ガンのリスク:NHANES I Epidemiologic follow-up study, 1971–1975 to 1992. National Health and Nutrition Examination Survey. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 1999; 8(5):399–406. 
  39. Shin MH, Holmes MD, Hankinson SE, Wu K, Colditz GA, Willett WC. 酪農製品、カルシウムおよび、ビタミンDの摂取と乳ガンのリスク。J Natl Cancer Inst. 2002; 94(17):1301–1311. 
  40. Lowe LC, Guy M, Mansi JL, et al. 血漿 25-水酸基ビタミンD濃度、ビタミンD受容体遺伝子型および、英国のコーカサス人口における乳ガンのリスク。Eur J Cancer. 2005; 41(8):1164–1169. 
  41. Bertone-Johnson ER, Chen WY, Holick MF, et al. 血漿 25-ヒドロキシビタミンDおよび、1,25-ジヒドロキシビタミンDと乳ガンのリスク。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2005; 14(8):1991–1997. 
  42. Garland CF, Gorham ED, Mohr SB, et al. ビタミンDと乳ガンの防止:統合分析。J Steroid Biochem Mol Biol. 2007; 103(3–5):708–711. 
  43. Corder EH, Guess HA, Hulka BS, et al. ビタミンDと前立腺ガン:保存血清による診断前研究。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 1993; 2(5):467–472.  
  44. Braun MM, Helzlsouer KJ, Hollis BW, Comstock GW. 前立腺ガンと血清ビタミンD代謝産物の診断前濃度(メリーランド、米国)。Cancer Causes Control. 1995; 6(3):235–239. 
  45. Nomura AM, Stemmermann GN, Lee J, et al. 血清ビタミンD代謝産物濃度と前立腺ガンの続発(ハワイ、米国)。Cancer Causes Control. 1998; 9(4):425–432. 
  46. Gann PH, Ma J, Hennekens CH, Hollis BW, Haddad JG, Stampfer MJ. 前立腺ガンの続発に関連した循環ビタミンD代謝物。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 1996; 5(2):121–126. 
  47. Ahonen MH, Tenkanen L, Teppo L, Hakama M, Tuohimaa P. 前立腺ガンリスクと診断前血清25-ヒドロキシビタミンD濃度。(フィンランド)。Cancer Causes Control. 2000; 11(9):847–852. 
  48. Tuohimaa P, Tenkanen L, Ahonen M, et al. 血中ビタミンDの高濃度と低濃度の双方のより高い前立腺ガンリスクとの関連:北欧諸国における長期にわたる変化を扱ったネスティド・ケース・コントロール研究。Int J Cancer. 2004; 108(1):104–108.
  49. Deluca HF, Cantorna MT. ビタミンD:免疫学におけるその役割と用途。FASEB J. 2001; 15(14):2579–2585. 
  50. Hypponen E, Laara E, Reunanen A, Jarvelin MR, Virtanen SM. ビタミンDの摂取と1型糖尿病のリスク:出生コホート研究。Lancet. 2001; 358(9292):1500–1503. 
  51. Munger KL, Levin LI, Hollis BW, Howard NS, Ascherio A. 血清 25-ヒドロキシビタミンD濃度および、多発性硬化症のリスク。JAMA. 2006; 296(23):2832–2838. 
  52. Munger KL, Zhang SM, O'Reilly E, et al. ビタミンD摂取と多発性硬化症の発症。神経学。2004; 62(1):60–65. 
  53. Merlino LA, Curtis J, Mikuls TR, Cerhan JR, Criswell LA, Saag KG. ビタミンD摂取は、リューマチ性関節炎と正反対に関連:アイオワ女性の健康研究からの結果。Arthritis Rheum. 2004; 50(1):72–77. 
  54. Krause R, Buhring M, Hopfenmuller W, Holick MF, Sharma AM. 紫外線Bと高血圧。Lancet. 1998; 352(9129):709–710. 
  55. Pfeifer M, Begerow B, Minne HW, Nachtigall D, Hansen C. 高齢者女性における血圧と副甲状腺ホルモンへの短期ビタミンD(3)および、カルシウムサプリメント投与の効果。J Clin Endocrinol Metab. 2001; 86(4):1633–1637. 
  56. Pan WH, Wang CY, Li LA, Kao LS, Yeh SH. 中国人高齢者における血圧とカルシウム代謝へのカルシウムとビタミンDサプリメント投与の有意な効果が確認できない。Chin J Physiol. 1993; 36(2):85–94. 
  57. Scragg R, Khaw KT, Murphy S. 高齢者における心血管疾患リスク上の冬季経口ビタミンD3投与の効果。EEur J Clin Nutr. 1995; 49(9):640–646. 
  58. Chocano-Bedoya P., Ronnenberg A. G. ビタミンDと結核。Nutr Rev. 2009 May; 67(5):289–93. 
  59. Gloth F. M. et al. 季節性情緒障害の治療におけるビタミンDvs広範囲光線療法。J Nutr Health Aging. 1999; 3(1):5–7. 
  60. 食品科学委員会(シリーズ31号)、欧州共同体における栄養素とエネルギーの摂取に関する報告書。1993年。
  61. 食品栄養委員会、(米)医学研究所。ビタミンD。食事摂取基準量:カルシウム、リン、マグネシウム、ビタミンDおよび、フッ化物。FWashington D.C.: National Academies Press; 1999:250–287. 
  62. Heaney RP. ビタミンD:いくら必要ですか、それは高すぎますか? Osteoporos Int. 2000; 11(7):553–555. 
  63. Hollis BW. 循環する 25-ヒドロキシビタミンD濃度、ビタミンD充足度の指標:ビタミンDのための最新の効果的推奨食物摂取量を確立する意味。J Nutr. 2005; 135(2):317–322. 
  64. Vieth R. 成人について公式に推奨されているビタミンD3のための最適所要量が遥かに高いのは何故か? J Steroid Biochem Mol Biol. 2004; 89–90(1–5):575–579. 
  65. Wagner CL, Greer FR, and the Section on Breastfeeding and Committee on Nutrition. 乳児、小児および、青少年における、くる病および、ビタミンD欠乏症の防止。American Academy of Pediatrics. 2008; 122(5):1142–1152. 
  66. Institut für Ernährungswissenschaften, Österreichischer Ernährungsbericht (1998). 
  67. アイルランド大学栄養学同盟 (IUNA), 北西アイルランド食物摂取調査(2001年)。 
  68. Gezondheidsraad, Enkele belangrijke ontwikkelingen in de voedselconsumptie (2002). 
  69. 英国国立統計局、国民栄養調査 (NDNS):19才から64才までの成人(2003年)。 
  70. Wharton B, Bishop N. くる病。Lancet. 2003; 362(9393):1389–1400. 
  71. Harris SS, Soteriades E, Coolidge JA, Mudgal S, Dawson-Hughes B. 低収入、多民族、高齢者人口におけるビタミンD不足と副甲状腺機能亢進症。J Clin Endocrinol Metab. 2000; 85(11):4125–4130. 
  72. Allain TJ, Dhesi J. 高齢者におけるビタミンD欠乏症。老化現象研究。2003; 49(5):273–278. 
  73. Dawodu A, Agarwal M, Hossain M, Kochiyil J, Zayed R. 母乳のみで育てる乳児および、その母親における夏季ビタミンD欠乏症および、ビタミンD不足:母乳単独授乳中の乳児のビタミンDサプリメント投与の根拠。J Pediatr. 2003;142(2):169–173. 
  74. Glerup H, Mikkelsen K, Poulsen L, et al. 太陽光露出が制限されていれば、一般的な推奨摂取量のビタミンDでは不充分。J Intern Med. 2000; 247(2):260–268. 
  75. Nesby-O'Dell S, Scanlon KS, Cogswell ME, et al. 生殖可能年齢のアフリカ系アメリカ人と白人女性におけるビタミンD欠乏症有病率と決定因子:第3回 National Health and Nutrition Examination Survey, 1988–1994. Am J Clin Nutr. 2002; 76(1):187–192. 
  76. Holick MF. ビタミンD欠乏症。N Engl J Med. 2007; 357(3):266–281. 
  77. Arunabh S, Pollack S, Yeh J, Aloia JF. 健康な女性における脂肪分と25-ヒドロキシビタミンD濃度。B J Clin Endocrinol Metab. 2003; 88(1):157–161. 
  78. Jahnsen J, Falch JA, Mowinckel P, Aadland E. 炎症性大腸疾患の患者におけるビタミンDステータス、副甲状腺ホルモンおよび、骨塩密度。Scand J Gastroenterol. 2002; 37(2):192–199. 
  79. Bringhurst FR, Demay MB, Kronenberg HM. ミネラル代謝。In: Larson PR, Kronenberg HM, Melmed S, Polonsky KS, eds. Larsen: Williams Textbook of Endocrinology: Elsevier; 2003:1317–1320. 
  80. Plotnikoff GA, Quigley JM. 持続的で、非特異の筋骨格痛を伴う患者における重度ビタミンD欠乏症の有病率。Mayo Clin Proc. 2003; 78(12):1463–1470. 
  81. Bischoff HA, Stahelin HB, Dick W, et al. 転倒におけるビタミンDおよび、カルシウムサプリメント投与の効果:ランダム化比較試験。J Bone Miner Res. 2003; 18(2):343–351. 
  82. Broe KE, Chen TC, Weinberg J, Bischoff-Ferrari HA, Holick MF, Kiel DP. ビタミンDの高用量投与が老人ホーム居住者における転倒のリスクを減らす:ランダム化反復投与研究。J Am Geriatr Soc. 2007; 55(2):234–239. 
  83. Zittermann A. 予防医学におけるビタミンD:証拠を無視していますか? Br J Nutr. 2003; 89(5):552–572.  
  84. Heaney RP. 長期潜在欠乏症:カルシウムとビタミンDからの洞察。Am J Clin Nutr. 2003; 78(5):912–919. 
  85. Malabanan A, Veronikis IE, Holick MF. ビタミンD不足 の再定義。Lancet. 1998; 351(9105):805–806. 
  86. Heaney RP, Dowell MS, Hale CA, Bendich A. カルシウム吸収は血清25-ヒドロキシビタミンDによって参照範囲内で変化する。J Am Coll Nutr. 2003; 22(2):142–146. 
  87. Holick MF. ビタミンD欠乏症:なんという苦痛。 Mayo Clin Proc. 2003;78(12):1457–1459. 
  88. Vieth R. ビタミンDサプリメント投与、25-ヒドロキシビタミンD濃度および、安全性。Am J Clin Nutr. 1999; 69(5):842–856. 
  89. Tangpricha V, Koutkia P, Rieke SM, Chen TC, Perez AA, Holick MF. ビタミンDを伴うオレンジジュースの強化:ビタミンD栄養健康強化のための目新しい取り組み方。Am J Clin Nutr. 2003; 77(6):1478–1483. 
  90. Holick MF. ビタミンD:正当に評価されないビタミンD-骨格および、細胞の健康のために重要な輝かしいホルモン。Curr Opin Endocrinol Diabetes 2002; 9:87–98. 
  91. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンとミネラルのための許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0. 
  92. Heaney RP, Davies KM, Chen TC, Holick MF, Barger-Lux MJ. コレカルシフェロールを伴う長期にわたる経口投与に対するヒト血清25-ヒドロキシコレカルシフェロール反応。Am J Clin Nutr. 2003; 77(1):204–210. 
  93. Vieth R, Chan PC, MacFarlane GD. 最も低いと見られる副作用レベルを超えるビタミンD3摂取の効果と安全性。Am J Clin Nutr. 2001; 73(2):288–294. 
  94. Bischoff-Ferrari H. ビタミンD:ビタミンDの適正レベルとどれ位のサプリメント投与が必要か? Best Practice & Research Clinical Rheumatology. 2009; 23:789–795. 
  95. Nationale Verzehrsstudie II, 2008 (www.was-esse-ich.de), Max-Rubner-Institut, Karlsruhe, Germany. 
  96. A. Catharine Ross, Christine L. Taylor, Ann L. Yaktine, and Heather B. Del Valle, Editors; ビタミンDとカルシウムに関する栄養摂取基準量レビュー委員会;米国医学研究所。2010年11月。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報