ビタミン

欠乏症

壊血病 あるいは ペラグラ(ナイアシン欠乏症)などの明白なビタミン欠乏症が先進国で標準的な食事摂取を行っている人々の間で珍しいとされていながら、富裕社会層であまり目立たないビタミン不足が起こっています。往々にして、多人口グループでは、栄養素の本質あるいは、自らのライフスタイルの選択の結果を無視する傾向があります。このような十分な微量栄養素が不足した食事摂取が主な原因となって引き起こされる隠れたビタミン不足が時間の経過とともに重大な健康問題をもたらす恐れがあるのです。
 
ある人口グループは他に比較して遥かに高いリスクのビタミン欠乏症状態にあります。不十分なビタミン供給が原因で危険な状態にある典型的なグループは以下の通りです: 

  • 妊娠可能年齢の女性
  • 妊婦または、授乳中の女性
  • 不規則な食習慣を持つ子供/ティーンエイジャー
  • 高齢者層
  • 菜食主義者/完全菜食主義者
  • 食事制限をする人々
  • 一定の食物グループを避けている人々
  • 摂食障害または、内科的疾患を持つ人々
  • 恒常的に加工食品とファストフードを食べている人々。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報