ビタミンK // フィロキノン

保健機能

ビタミンKの明確な既知の生物学上の役割は、特定のタンパク質のカルシウムへの結合を可能にする酵素にとっての共通因子としての役割です(3, 4)。カルシウムイオン (Ca2+)を結合する能力は、血栓形成(「凝固カスケード」)を通して出血を止める一連のイベントにおいて、7つのビタミンK依存の血液凝固(「凝固」)因子(例えば、プロトロンビン)あるいは、タンパク質の活性化に必要とされています。ビタミンK依存の血液凝固因子は肝臓内で合成されます。その結果重度の肝臓病は、ビタミンK依存血液凝固因子の血中濃度を低下させかつ、抑制できない出血(「大出血」)のリスクを増加させます(5)

さらに、3つのビタミンK依存の非凝固タンパク質がより正確な特性を示します。1つのタンパク質「オステオカルシン」がビタミンDによって制御されており、また正常な骨成長と発達においてミネラルを骨マトリックス(「骨ミネラリゼーション」)に追加するミネラル結合能力にビタミンKが必要とされます(4, 6, 7)

石灰化抑制「マトリックスグラ蛋白(matrix gla protein -MGP) 」は、血管健康維持の役割を果たすと考えられています(8)。それは、心臓、腎臓、肺および、骨(「オステオカルシン」と共に)など多くの体組織の中で確認することができます。

別のビタミンK依存タンパク質「Gas6」は、細胞分裂および、プログラム細胞死(「アポトーシス」)からの防御を含む多様な細胞機能にとって重要な細胞シグナリングを伴う細胞増殖抑制因子であると考えられます(3)。さらに、神経系の発達とエイジングにおいて重要な役割を果たすと考えれます(9, 10)

欧州委員会などに科学的助言を行う 欧州食品安全機関(EFSA)は、以下に貢献するビタミンEの食物摂取に関連する明確な健康上の利点が、確立されていることを裏付けました:

  • 正常な骨の維持;
  • 正常な血液凝固。
 

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報