ビタミンK // フィロキノン

参考文献

参考文献

  1. Brody T. 栄養生化学。第2版。Nutritional Biochemistry. 2nd ed. San Diego: Academic Press; 1999.
  2. Shearer MJ. ビタミン K. Lancet. 1995; 345(8944):229–234. 
  3. Ferland G. ビタミン K. In: Bowman BA, Russell RM, eds. 栄養素に関する現在の知見。第9版。第1巻。 Washington, D.C.: ILSI Press; 2006:220–230.
  4. Shearer MJ. 骨健康および、骨粗しょう症予防におけるビタミンDとKの役割。
    Proc Nutr Soc. 1997; 56(3):915–937.
  5. Olson RE. ビタミン K. In: Shils M, Olson JA, Shike M, Ross AC, eds. 健康と病気における最新栄養学。第9版。Baltimore: Williams & Wilkins; 1999:363-380.
  6. Booth SL. ビタミンK依存タンパク質の骨格機能:ただ凝固するだけではない。
    Nutr Rev. 1997; 55(7):282–284.
  7. Suttie JW. ビタミン K. In: Shils ME, Shike M, Ross AC, Caballero B, Cousins RJ, eds. 健康と病気における最新栄養学。第10版。
    Baltimore: Lippincott Williams & Wilkins; 2006:412–425.
  8. O’Donnell C. J. et al. マトリックスGlaタンパク質は、アテローム性動脈硬化症のためのリスクファクターと関連するが、冠状動脈石灰化とは関連性がない。
    Arterioscler Thromb Vasc Biol, 2006; 26(12):2769–2774.
  9. Ferland G. ビタミンK依存タンパク質:アップデート。Nutr Rev. 1998; 56(8):223–230.
  10. Tsaioun KI. 神経系発達とエイジングにおけるビタミンK依存タンパク質。Nutr Rev. 1999; 57(8):231–240.
  11. Feskanich D, Weber P, Willett WC, Rockett H, Booth SL, Colditz GA. 女性におけるビタミンK摂取と股関節骨折: プロスペクティブ研究。 Am J Clin Nutr. 1999; 69(1):74–79.
  12. Booth SL, Tucker KL, Chen H, et al. 食物ビタミンK摂取は股関節骨折と関連するが、高齢者男女における骨塩密度とは関連しない。Am J Clin Nutr. 2000; 71(5):1201–1208.
  13. Rejnmark L, Vestergaard P, Charles P, et al. 骨塩密度上のビタミンA摂取は、閉経期の女性の骨折リスクに対して無効。Osteoporos Int. 2006; 17(8):1122–1132.
  14. Braam LA, Knapen MH, Geusens P, et al. ビタミンK1サプリメント投与は、閉経後の50~60才の女性における骨損失を遅延させる。Calcif Tissue Int. 2003; 73(1):21–26.
  15. Bolton-Smith C, McMurdo ME, Paterson CR, et al. 高齢者女性の骨健康におけるビタミンK1(フィロキノン)および、ビタミンD3プラスカルシウムの2年間にわたるランダム化比較試験。J Bone Miner Res. 2007; 22(4):509–519.
  16. Booth SL, Dallal G, Shea MK, Gundberg C, Peterson JW, Dawson-Hughes B. 高齢者男性および、女性における骨損失に及ぼすビタミンKサプリメント投与の効果。J Clin Endocrinol Metab. 2008; 93(4):1217–1223.
  17. Shearer MJ. 骨健康および、骨粗しょう症予防におけるビタミンDとKの役割。Proc Nutr Soc. 1997; 56(3):915–937.
  18. Jie KS, Bots ML, Vermeer C, Witteman JC, Grobbee DE. 大動脈のアテローム性動脈硬化症を発症および、発症してない女性におけるビタミンK摂取とオステオカルシンレベル。アテローム性動脈硬化症: 1995; 116(1):117–123.
  19. Villines T. C. et al. ビタミンK1摂取と冠状動脈石灰化。Coron Artery Dis, 2005; 16(3):199–203.
  20. Maas AH, van der Schouw YT, Beijerinck D, et al. ビタミンK摂取と胸動脈における石灰化。Maturitas. 2007; 56(3):273–279.
  21. Schurgers LJ, Dissel PE, Spronk HM, et al. 血管石灰化におけるビタミンKとビタミンK依存タンパク質の役割。Z Kardiol. 2001; 90 Suppl 3:57–63.
  22. Schurgers LJ, Teunissen KJ, Knapen MH, et al. マトリックス・ガンマ-カルボキシグルタミン酸(Gla)タンパク質に対する斬新な構造固有の抗体:血管石灰化のためのマーカーとしてGla化不足のマトリックスGlaタンパク質。Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2005; 25(8):1629–1633.
  23. Cranenburg EC, Vermeer C, Koos R, et al. 心臓血管石灰化におけるバイオマーカーとしてのマトリックスGlaタンパク質 (ucMGP) の循環不活性型。 J Vasc Res. 2008; 45(5):427–436.
  24. Behrman RE, Kliegman RM, Jenson HB, eds. 小児科のネルソンテキストブック。
    第16版。 Philadelphia, PA:WB Saunders Co. 2000:188, 526–527, 1164.
  25. 食品科学委員会(シリーズ31号)、欧州共同体における栄養素とエネルギーの摂取に関する報告書。1993年。
  26. Deutsche Gesellschaft für Ernährung e. V. Referenzwerte für die Nährstoffzufuhr. Bonn, DGE, 2008.
  27. 食品栄養委員会、(米)医学研究所。ビタミンK。ビタミンA、ビタミンK、砒素、ホウ素、クロム、銅、ヨウ素、鉄、マンガン、モリブデン、ニッケル、シリコン、バナジウムおよび、亜鉛のための食事摂取基準量。Washington, D.C.: National Academy Press; 2001:162–196.
  28. MAFF (農漁食糧省)。全国的な食物調査統計新聞発表年鑑/第4四半期2000年(National Food Survey Statistical News Release Annual/ Fourth Quarter 2000)。MAFF(農漁食糧省): ロンドン2001年。
  29. Schurgers LJ, Geleijnse JM, Grobbee DE, Pols HAP, Hofman A, Witteman JCM, Vermeer C. オランダにおけるビタミンK1(フィロキノン)および、K2(メナキノン)の栄養摂取。J Nutr Environm Med 9: 115–122. 1999.
  30. Booth SL, Pennington JAT, Sadowski JA. アメリカの食糧における食物源とビタミンK1の食物摂取:食品医薬品局(FDA)のトータル・ダイエットスタディ(TDS)からのデータ。 J Am Diet Assoc 96:149–154. 1996.
  31. Thorp JA, Gaston L, Caspers DR, Pal ML. ビタミンK使用における現在の概念と議論。
    医薬品。1995; 49(3):376–387.
  32. Klebanoff MA, Read JS, Mills JL, Shiono PH. ビタミンKへの新生児曝露後の小児ガンのリスク。 N Engl J Med. 1993; 329(13):905–908.
  33. Ekelund H, Finnstrom O, Gunnarskog J, Kallen B, Larsson Y. 新生児へのビタミンKの投与と小児ガン。Bmj. 1993;307(6896):89–91.
  34. ビタミンKと新生児に関する議論。American Academy of Pediatrics Committee on Fetus and Newborn. Pediatrics. 2003; 112(1 Pt 1):191–192.
  35. Costakos DT, Greer FR, Love LA, Dahlen LR, Suttie JW. 未熟児のためのビタミンK予防:1ミリグラム対0.5ミリグラム。 Am J Perinatol. 2003; 20(8):485–490. 
  36. Kumar D, Greer FR, Super DM, Suttie JW, Moore JJ. 未熟児のビタミンKステータス:現行の推奨提言の意味合い。小児科。 2001; 108(5):1117–1122.
  37. Suttie JW. 人間のための栄養におけるメナキノンの重要性。Annu Rev Nutr. 1995; 15:399–417.
  38. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001.
  39. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンとミネラルのための許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014–0.
  40. Booth SL, Golly I, Sacheck JM, et al. 血液凝固ステータスを持つ成人におけるビタミンKステータスへのビタミンEサプリメント投与の効果。 Am J Clin Nutr. 2004; 80(1):143–148.
 

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報