ビタミンK // フィロキノン

安全性

健常者においては、ビタミンKの2型であるビタミンK1(フィロキノン)あるいは、ビタミンK2(メナキノン)の高用量投与に安全性に関するリスクは全くありません(27)

許容上限摂取量


ビタミンKについては、許容上限摂取量(UL)は設定されていません (27, 39) 。

栄養素相互作用

ビタミンAとビタミンEの大量投与は、ビタミンKを相殺することが確認されています(5)。 余分なビタミンAは、ビタミンK摂取を阻害するのに対して、ビタミンE(トコフェロールキノン)は、ビタミンK依存の酵素を抑制する可能性があります (40) 。 

薬物間相互作用

以下に留意ください:
相互作用の可能性があるため、栄養補助食品は、摂取に先立って必ず医師にご相談ください。

 

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報