カロテノイド

疾病リスクの軽減

心臓疾患

集団調査の結果によれば、カロテノイドが豊富に含まれる食物摂取が循環器疾患のリスクの軽減に関連性があるとする一方、他の研究ではそのような効果を確認できなかったとしています*。

ガン(癌)

幾つかの 集団調査 によれば、カロテノイドの豊富な食物摂取が幾つかのガンのリスク減少と関連性があることを示しました。他の研究はカロテノイドの明白な予防効果を示しませんでした*。

皮膚の健康

カロテノイドが、日焼けによる損傷、例えば日焼けからの皮膚の保護に役に立つことが立証されています。

加齢性眼疾患

集団調査の結果が、カロテノイドを豊富に含む食物摂取が加齢性黄斑変性症の進行を遅らせる助けになる可能性を示唆しています。黄斑は中心視野を担う網膜の一部です。カロテノイドは、治療しなければ視界の損失を招く白内障即ち、眼球の水晶体白濁の開始を防止することに役立つ可能性があります。

免疫機能

多くの研究において、カロテノイドのサプリメント投与によって、感染を潜在的に防止する特定の免疫反応を強化できることが発見されました。これらの効果を評価するためにより多くの研究が必要です*。

*原則–微量栄養素研究の複雑性も参照してください。

 

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報