ルテインとゼアキサンチン

その他の適用例

加齢性眼疾患

複数の研究では、ルテインとゼアキサンチンが加齢性黄斑変性症(AMD)および、白内障形成のリスクを低減させる可能性を示唆しています。

AMD患者を対象としたランダム化比較試験では、1日10ミリグラムのルテインサプリメント投与で、プラセボに比較して1年後に視力の僅かな改善が認められました(11)

最近になって、白内障もしくは、AMDの患者を対象とした研究で、最長2年間のルテインサプリメント投与(1週間に15ミリグラムを3回)による視力および、眩光感受性の改善が確認されました(18)

(missing information goes here)

グレア状態における視機能

視機能のパラメータの多くが(例えば、コントラスト感度)眩光状態下で損なわれます。ルテインとゼアキサンチンが青色光と強い光を遮断すると考えられるところから、強光(例えば、太陽光あるいは、夜間の眩いヘッドライトからのグレア)に対する眼の耐性を強化する可能性があります。

健常者を対象とする研究では、ルテインとゼアキサンチンのサプリメント投与(1日当たりルテイン10ミリグラムおよび、ゼアキサンチン2ミリグラムを6ヶ月間)によって黄斑濃度が上昇し、強光に対する耐性の強化に役立ち、眩光から通常の視力に立ち直る時間が減少されたことを示唆しました(19)

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報