ルテインとゼアキサンチン

参考文献

参考文献

  1. Halliwell B, Gutteridge JMC. 生物学と医学におけるフリーラジカル。第3版。New York, NY: Oxford University Press; 1999.
  2. Krinsky NI, Landrum JT, Bone RA. 眼におけるルテインとゼアキサンチンの保護物質としての役割の生物学的メカニズム。Annu Rev Nutr. 2003; 23:171–201.
  3. Voorrips LE, Goldbohm RA, Brants HA, et al. 抗酸化物質および、葉酸の摂取と男性肺ガンリスクについてのプロスペクティブ・コホート研究。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2000; 9(4):357–365.
  4. Mares-Perlman JA, Millen AE, Ficek TL, Hankinson SE. 慢性疾患を食い止めるルテインとゼアキサンチンの保護役割を裏付ける一連の証拠の本質。概要。J Nutr. 2002; 132(3):518S–524S.
  5. Cho E, Seddon JM, Rosner B, Willett WC, Hankinson SE. 果物、野菜、ビタミンおよび、カロテノイドの摂取と加齢性黄斑変性症のプロスペクティブ研究。Arch Ophthalmol. 2004; 122(6):883–892.
  6. Flood V, Smith W, Wang JJ, Manzi F, Webb K, Mitchell P. 食物抗酸化物質摂取と早期の加齢性黄斑変性症:Blue Mountains Eye Study. 眼科学。2002; 109(12):2272–2278.
  7. Mares-Perlman JA, Klein R, Klein BE, et al. 亜鉛と抗酸化栄養素と加齢性黄斑変性症との関連性。Arch Ophthalmol. 1996; 114(8):991–997.
  8. Mares-Perlman JA, Brady WE, Klein R, et al. 地域住民ベースの症例対照研究における血清抗酸化物質と加齢性黄斑変性症。Arch Ophthalmol. 1995; 113(12):1518–1523.
  9. Snellen EL, Verbeek AL, Van Den Hoogen GW, Cruysberg JR, Hoyng CB. 新生血管加齢性黄斑変性症と抗酸化物質摂取との関連性。Acta Ophthalmol Scand. 2002; 80(4):368–371.
  10. Mares-Perlman JA, Fisher AI, Klein R, et al. 第三次全国健康と栄養分析研究で判明した食物と血清におけるルテインとゼアキサンチンおよび、加齢性黄斑変性症との関連性。Am J Epidemiol. 2001; 153(5):424–432.
  11. Seddon JM, Ajani UA, Sperduto RD, et al. 食物カロテノイド、ビタミンA、Cおよび、Eと進行性加齢性黄斑変性症。眼疾患症例対照研究グループ。JAMA. 1994; 272(18):1413–1420.
  12. Richer S, Stiles W, Statkute L, et al. 萎縮性加齢性黄斑変性症の介入におけるルテインと抗酸化物質サプリメント投与の二重盲検法によるプラセボ比較ランダム化試験:退役軍人LAST研究(ルテイン抗酸化物質サプリメント投与試験-LAST)。検眼。2004; 75(4):216–230.
  13. Brown L, Rimm EB, Seddon JM, et al. 米国人男性におけるカロテノイド摂取と白内障摘出リスクのプロスペクティブ研究。Am J Clin Nutr. 1999; 70(4):517–524.
  14.  Chasan-Taber L, Willett WC, Seddon JM, et al. 米国人女性におけるカロテノイドおよび、ビタミンA摂取と白内障摘出リスクのプロスペクティブ研究。Am J Clin Nutr. 1999; 70(4):509–516.
  15. Lyle BJ, Mares-Perlman JA, Klein BE, Klein R, Greger JL. Beaver Dam Eye 研究における抗酸化物質摂取と加齢性核性白内障発症のリスク。Am J Epidemiol. 1999; 149(9):801–809.
  16. Moeller SM, Voland R, Tinker L, et al. 女性の健康イニシアチブの付随的研究、加齢性眼疾患でのカロテノイド研究における加齢性核性白内障と食物および、血清中ルテインとゼアキサンチンの関係。Arch Ophthalmol. 2008; 126(3):354–364.
  17. Dwyer, J.H., M. Navab, et al. 酸化カロテノイドルテインと早期アテローム性動脈硬化症の進行:ロサンゼルスアテローム性動脈硬化症研究。Circulation. 2001; 103(24):2922–7.
  18. Olmedilla B et al. 白内障患者と加齢性黄斑変性症におけるルテイン:長期サプリメント投与研究。Journal of the Science of Food and Agriculture. 2001; 81(9):904-909.
  19. Stringham JM and Hammond BR. グレア状態下の黄斑色素と視機能。Optometry and Vision Science. 2008; 85(2):82–88.
  20. Seddon JM et al. 食物カロテノイド、ビタミンA、Cおよび、Eと進行性加齢性黄斑変性症。JAMA. 1994; 272:1413–20.
  21. 加齢性眼疾患研究2(AREDS2):加齢性黄斑変性症(2006–2012)におけるルテイン、ゼアキサンチンおよび、オメガ-3 長鎖不飽和脂肪酸1(ドコサヘキサエン酸[DHA]および、エイコサペンタエン酸[EPA])のマルチセンター・ランダム化試験。
  22. O’Neill ME et al. カロテノイド摂取を評価するヨーロッパカロテノイドデータベースおよび、5ヵ国における比較研究での使用。Br J Nutr. 2001; 85: 499–507.
  23. Garcia-Closas R et al. スペインにおけるビタミンC、ビタミンEおよび、特定のカロテノイドの食物給源。Br J Nutr. 2004; 91:1005–11.
  24. 米国農務省、農事試験場。 1997. USDAの1994~96年個人による食物摂取の継続的研究および、1994-96.食物と健康知識調査。
  25. Solomons NW. ビタミンAおよび、カロテノイド。In: Bowman BA, Russell RM, eds. 栄養素についての現在の知見。第8版。Washington, D.C.: ILSI Press; 2001:127–145.
  26. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001.
  27. Richer S et al. 萎縮性加齢性黄斑変性症の介入におけるルテインと抗酸化物質サプリメント投与の二重盲検法によるプラセボ比較ランダム化試験:退役軍人LAST研究(ルテイン抗酸化物質サプリメント投与試験-LAST)。検眼。2004; 75, 216–230
  28. Satia, Jessie A et al: β-カロテン、レチノール、リコピンおよび、ルテインサプリメントの長期投与と肺ガンのリスク: VITamins And Lifestyle (VITAL)研究からの成果。Am J Epidemiol. 2009; 169(7):815–828.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報