カロテノイド

安全性

現在までのところ、カロテノイドの有毒な作用は報告されていません。プロビタミンA カロテノイド、即ちβ-カロテンの過剰摂取をした場合でも、それらをビタミンAの安全な給源とすることで摂取過剰はそれらをビタミンAの安全な摂取源にして、ビタミン A中毒を引き起こしません。

ある研究では、数年間のβ-カロテンサプリメントの高用量投与と愛煙家とかつてのアスベスト労働者たちの肺ガンと死のリスク増加が関連する可能性を指摘しました。これらの発見の根拠は未だはっきりしていません。他の研究が因果関係を解明できていないので観察の是非を評定するのは困難です。しかし、サプリメントとしてのβ-カロテンの、1日当たり20 mgあるいは、それ以上の喫煙者への投与は控えた方がよいでしょう (β-カロテンも参照してください)。

薬物間相互作用

以下に留意してください:
潜在的な薬物相互作用のため、栄養補助食品と医薬品の同時摂取に当たっては先ず、医師にご相談ください。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報