ミネラル // マグネシウム

保健機能

エネルギーを生み出す炭水化物と脂肪代謝は、大量のマグネシウム依存の化学反応を必要とします。マグネシウムは、ほとんど全ての代謝過程にエネルギーを供給するミトコンドリア(糸状体)内の分子(「アデノシン三リン酸」、ATP)を産生するタンパク質によって必要とされています(3)

マグネシウムは、核酸(DNAとRNA)とタンパク質の産生における多くのステップで必要とされます。

炭水化物と脂質の合成に関与している幾つかの酵素は、それらの活性のためにマグネシウムを必要としています。重要な抗酸化物質である、グルタチオンが合成されるためにはマグネシウムが不可欠です(3)

マグネシウムは、骨、細胞膜および、染色体において構造的役割を果たします(3)

マグネシウムは、神経衝動の伝達、筋収縮および、正常な心臓の鼓動の維持に不可欠で、細胞膜全体にわたってカリウムカルシウムなどのイオンの能動輸送のために必要とされます  (3) 。細胞シグナリングは、 タンパク質の活性化と細胞シグナリング分子(「環状アデノシン一リン酸」、cAMP)の形成のために多くのプロセスに関係するマグネシウムATPコンプレックスを必要とします  (3) 。

細胞を取り囲む体液中のカルシウムとマグネシウム濃度は、多くの異種細胞型の動き(「移動」)に影響します。細胞移動のこのような効果は、創傷治癒において重要であると言えます  (3)

栄養素相互作用

サプリメントの形での亜鉛の高用量投与は、恐らく体内での(「吸収」)マグネシウム摂取を減少させると考えられます (2)

食物繊維摂取の大量の増加は、マグネシウムの利用を減少させることが確認されています (3, 4)

食物タンパク質は、マグネシウム吸収に影響する可能性があります (5)

ビタミンD(カルシトリオール)の活性体は、消化管でマグネシウムの吸収をわずかではありますが増加させる可能性があります (3, 4)

しかし、マグネシウム吸収は、カルシウムとリン酸塩の吸収がそうであるように、カルシトール依存ではないようです。

欧州委員会などに科学的助言を行う欧州食品安全機関(EFSA)は、マグネシウムの食物摂取が下記に貢献することから明確な健康上の利点があることを確認しました:

  • 電解質平衡;
  • 正常なエネルギー産生代謝;
  • 心筋を含む正常な筋肉機能;
  • 正常な神経機能;
  • 正常な細胞分裂;
  • 正常な骨の維持;
  • 正常な歯の維持;
  • 正常なタンパク質合成;
  • 正常な心理学的機能;
  • 疲労感と疲労の縮小。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報