微量元素 // 鉄

欠乏症

原因

鉄欠乏症は、世界における最も一般的に共通して認められる栄養素欠乏症と言えます。

鉄欠乏症では、一般的に3つのレベルが識別されます(3)

  • 鉄の貯留は枯渇しますが、機能的な鉄の供給が無制限。.
  • 鉄の供給は、赤血球形成を阻害するほど低くても、無視できないほどの貧血を起こすほど低くはない。
  • 正常な赤血球形成を支えるだけの十分な鉄がないと、その結果貧血を発症する。 

鉄欠乏症のリスク増加にさらされているのは以下の人々が該当します:

  • 生後6ヶ月から4才の間の乳児と幼児:理由はこの期間急速な成長率が持続すること(4)
  • 思春期の子供たち:思春期初期は、他の急性長期。女性にあっては、月経によって起こる失血は、結果的に追加の鉄の補充を必要とする(4)
  • 妊娠した女性、血液量増加と同様、発育胎児および、胎盤内で鉄の要件が増加(4)
  • 慢性の失血(例えば、腸の寄生虫感染を発症した)患者  <//span><//span><//span>(1) 。
  • 頻繁に献血する人々、特に月経中の女性。欠乏症を防止するため鉄の摂取を増やす必要性がある  <//span><//span><//span>(1) 。
  • セリアック病、自己免疫不全の患者。
  • ヘリコバクター・ピロリ菌感染症患者 (24)
  • 胃のバイパス手術を受けた患者は、食物からの鉄の吸収不全に悩まされる。
  • 菜食主義者用食事のみを摂取している人々:給源としての植物からの鉄の摂取は、動物性摂取源に比較して吸収が非効率(11)
  • 規則的な激しい持続トレーニングに従事する人々:消化管からの微量の出血の増加あるいは、赤血球の脆弱性の増加と破裂(「溶血反応」)(11)

症状

鉄分欠乏症の兆候のほとんどは関連する貧血の結果によるもので、労作時の、疲労、頻脈および、呼吸促迫を伴う可能性があります。

鉄不足は、冷気への露出における正常な体温維持能力を損ないます。

重度の鉄欠乏性貧血は、脆くスプーン状の爪を生じ、口角端の痛みおよび、舌痛を伴うことがあります。場合によっては、鉄分欠乏性貧血が進行すると、喉と食道内に組織膜を形成し、嚥下に困難を伴うようになります(25)

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報