微量元素 // 鉄

参考文献

参考文献

  1. Fairbanks VF. 医学と栄養学における鉄。In: Shils M, Olson JA, Shike M, Ross AC, eds. 健康と病気における現代の栄養。第9版。Baltimore: Williams & Wilkins; 1999:223–239.
  2. Beard JL, Dawson HD. 鉄。 In: O'Dell BL, Sunde RA, eds. 栄養上必須のミネラルのハンドブック。New York: Marcel Dekker, Inc; 1997:275–334.
  3. Yip R, Dallman PR. 鉄。 In: Ziegler EE, Filer LJ, eds. 栄養素についての現在の知見。第7版。Washington D.C.: ILSI Press; 1996:277–292.
  4. Brody T. 栄養生化学。第2版。San Diego: Academic Press; 1999.
  5. Ivan M, Kondo K, Yang H, et al. プロリンヒドロキシル化によってVHL-媒介破壊を目標としたHIF-alpha:O2検知についての意義。科学。2001; 292(5516):464–468.
  6. Jaakkola P, Mole DR, Tian YM, et al. O2で媒介されたプロリルヒドロキシル化によるvon Hippel-Lindauユビキチン化錯体へのHIF-alphaへの目標設定。科学。2001; 292(5516):468–472.
  7. Lynch SR. 他の栄養素と鉄の相互作用。Nutr Rev. 1997; 55(4):102–110.
  8. Suharno D, West CE, Muhilal, Karyadi D, Hautvast JG. インドネシア西ジャワにおける妊婦の栄養性貧血治療のためのビタミンAと鉄サプリメント投与。Lancet. 1993;342(8883):1325–1328.
  9. Vulpe CD, Kuo YM, Murphy TL, et al. 腸の鉄輸送を担当するセルロプラスミン相同物、鉄輸送タンパク質へファエスチン(Hephaestin)は、slaマウスに欠けている。Nat Genet. 1999; 21(2):195–199.
  10. Turnlund JR. 銅。. In: Shils M, Olson JA, Shike M, Ross AC, eds. 健康と病気における現代の栄養。第9版。Baltimore: Williams & Wilkins; 1999:241–252.
  11. 米国食品栄養委員会、医学研究所。鉄。ビタミンA、ビタミンK、ホウ素、クロム、銅、ヨウ素、鉄、マンガン、モリブデン、ニッケル、シリコン、バナジウムおよび、亜鉛のための食事摂取基準量。Washington D.C.: National Academy Press; 2001:290–393.
  12. Grantham-McGregor S, Ani C. 子供における認識力の発達への鉄分欠乏症の効果に関する研究の検証。J Nutr. 2001; 131(2S-2):649–666.
  13. Beard JL. 免疫機能、筋肉代謝および、ニューロン機能における鉄生物学。J Nutr. 2001; 131(2S-2):568–579.
  14. Wright RO. 幼年期鉛毒症における鉄療法の役割。Curr Opin Pediatr. 1999; 11(3):255–258.
  15. Rasmussen K. 鉄分欠乏症あるいは、鉄欠乏性貧血と出世時体重、妊娠の長さおよび、周産期死亡率との因果関係は? J Nutr. 2001; 131(2S-2):590–601.
  16. Yip R. 妊娠中の異常に高いあるいは、低いヘモグロビン濃度の重要性:鉄の栄養についての特別考察。Am J Clin Nutr. 2000; 72(1 Suppl):272–279.
  17. Oppenheimer SJ. 鉄と免疫と伝染病の関係。J Nutr. 2001; 131(2S-2):616–633.
  18. Killip S, Bennett JM, Chambers MD. 鉄欠乏性貧血。Am Fam Physician. 2007; 75(5):671–8.
  19. 下肢静止不能症候群に関するNational Heart L, and Blood Institute Working Group の研究、下肢静止不能症候群:プライマリー・ケアにおける検出と管理。Am Fam Physician. 2000; 62(1):108–114.
  20. Earley CJ, Connor JR, Beard JL, Malecki EA, Epstein DK, Allen RP. 下肢静止不能症候群におけるフェリチンとトランスフェリンのCSF濃度の異常。神経学。2000; 54(8):1698–1700.
  21. Allen RP, Barker PB, Wehrl F, Song HK, Earley CJ. 下肢静止不能症候群患者における脳内鉄のMRI測定。神経学。2001; 56(2):263–265.
  22. 食物科学委員会のリポート(シリーズ第31):欧州共同体における栄養素とエネルギー摂取。1993年。
  23. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンおよび、ミネラルの許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0.
  24. Sherman PM, Macarthur C. 小児科人口におけるヘリコバクター・ピロリ菌感染に関する現在の論争。Front Biosci. 2001; 6:E187–192.
  25. Lee GR. 鉄代謝とヘム合成障害。In: Lee GR, Foerster J, Paraskevas F, Greer JP, Rogers GM, eds. Wintrobeの臨床血液学。第10版。Baltimore: Williams and Wilkins; 1999:979–1070.
  26. ミネラル。医薬品情報と比較。St. Louis: Facts and Comparisons; 2000:27–51.
  27. de Valk B, Marx JJ. 鉄、アテローム性動脈硬化症および、虚血性心疾患。Arch Intern Med. 1999; 159(14):1542–1548.
  28. Danesh J, Appleby P. 冠動脈性心疾患と鉄分ステータス:プロスペクティブ研究のメタ・アナリシス。Circulation. 1999; 99(7):852–854.
  29. Ascherio A, Willett WC, Rimm EB, Giovannucci EL, Stampfer MJ. 食物鉄摂取と男性における冠動脈性心疾患のリスク。Circulation. 1994; 89(3):969–974.
  30. Klipstein-Grobusch K, Grobbee DE, den Breeijen JH, Boeing H, Hofman A, Witteman JC. ロッテルダム研究における心筋梗塞のリスクと食物鉄。Am J Epidemiol. 1999; 149(5):421–428.
  31. Kato I, Dnistrian AM, Schwartz M, et al. 鉄分摂取、体内鉄分貯留および、女性における結腸直腸ガンのリスク:ネスト化症例対照研究。Int J Cancer. 1999; 80(5):693–698.
  32. Wurzelmann JI, Silver A, Schreinemachers DM, Sandler RS, Everson RB. 鉄分摂取と結腸直腸ガンのリスク。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 1996; 5(7):503–507.
  33. Bostick R. 結腸ガン防止における食物と栄養。In: Bendich A, Deckelbaum RJ, eds. 予防のために栄養:健康管理専門家のための包括的ガイド。第2版。Totowa: Humana Press, Inc; 2001:57–95.
  34. Pinero DJ, Hu J, Connor JR. 鉄抑制タンパク質と正常な脳とアルツハイマー病の脳における鉄反応エレメント間の相互作用の変更。Cell Mol Biol (Noisy-le-grand). 2000; 46(4):761-776.
  35. Sayre LM, Perry G, Atwood CS, Smith MA. 神経変性疾患における金属の役割。Cell Mol Biol. 2000; 46(4):731–741.
  36. Feder JN, Gnirke A, Thomas W, et al. 斬新なMHCクラスI-like遺伝子は、遺伝的な血色素症によって患者の中で変異する。Nat Genet. 1996; 13(4):399–408.
  37. Anderson GJ, Powell LW. 金属、マウスとヒト:体内鉄ローディングについて動物モデルが教えることができるもの。J Clin Invest. 2000; 105(9):1185–1186.
  38. Walker AR, Segal I. 「サハラ以南アフリカ・ヘモクロマトーシス」における鉄過剰:どこまでが、公衆衛生問題か? Br J Nutr. 1999;81(6):427–434.
  39. Wurapa RK, Gordeuk VR, Brittenham GM, Khiyami A, Schechter GP, Edwards CQ. アフリカ系アメリカ人における主要な鉄過剰。Am J Med. 1996; 101(1):9–18.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報