ビタミンB1// チアミン

欠乏症

原因

ビタミンB1(チアミン)欠乏症は以下に起因している可能性があります

  • 不十分なビタミンB1摂取量(例えば、開発途上国においてはチアミン含有量の低い食物摂取また、先進国においては、アルコール中毒から)
  • チアミンの増量を必要とする理由(体力を使う激しい運動、発熱、妊娠、乳児のための授乳および、青春期の成長による)
  • 人体からのチアミンの過剰な損失(腎不全)
  • 食物中のアンチチアミンファクターの摂取(例えば、大量の紅茶やコーヒーの摂取)
  • これらの複合要因。 

西欧諸国の当今においては、ビタミンB1欠乏症は主に、極端なアルコール中毒の結果であることが明らかとなっています。

症状

ビタミンB1(チアミン)欠乏症は、循環器、神経、筋肉および、消化器系に影響します (1)。重度のチアミン欠乏症による疾患は「脚気」と呼ばれます。重度のチアミン欠乏症により影響をうける身体機能に応じて、脚気はドライ(四肢神経へのダメージ)、ウェット(心臓へのダメージ)あるいは、脳(脳へのダメージ)に分類されます (2)

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報