ビタミンB1// チアミン

保健機能

マグネシウムを介して、遊離ビタミンB1(チアミン)から合成されたチアミンピロリン酸塩(TPP)は、極めて重要な酵素(例えば、ピルビン酸デヒドロゲナーゼ)のための 補酵素 として働きます。それぞれ、異なる酵素複合体で構成され、食物(1)からのエネルギー生成 において重要な役割を果たす生成物質を代謝させてミトコンドリアに配置します。補酵素「トランスケトラーゼ」は、高エネルギー代謝産物(例えば、ATP)と核酸(DNAとRNA) (2, 3)の合成における臨界反応に際して触媒作用を及ぼします。

チアミンが不足するとトランスケトラーゼの急速な減少が認められるので、赤血球内の活動を測定することにより、チアミン栄養素状態を評価する方法が取られています (1).

チアミン独特の非補酵素機能は神経組織と筋肉のために重要です:即ち、チアミンピロリン酸塩は、神経伝達物質の代謝における神経刺激の伝達において重要な役割を果たします。

欧州委員会などに科学的助言を行う欧州食品安全機関 (EFSA)は、以下に貢献するビタミンB1の食物摂取に関連する明確な健康上の利点が、確立されていることを裏付けました:

  • 心臓の正常な機能;
  • 正常な炭水化物とエネルギー産生代謝;
  • 神経系の正常な機能;
  • 正常な心理学的な機能。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報