ビタミンB12 // 形メチルコバラミン

保健機能

ビタミンB12形メチルコバラミンは、ホモシステインからアミノ酸メチオニン合成過程で触媒作用を及ぼすビタミンB9依存の酵素が機能するための共通因子として必要とされます。今度はメチオニンがメチル基をDNAなど別の分子(「メチル化」)に追加するため多くの生体反応で使われるメチル(-CH3)グループドナーの合成に必要とされます (2)。DNAのメチル化は、ガン予防において重要だと考えられます。

他の形のビタミンB12、5-デオキシアデノシルコバラミンは共通因子として脂肪とタンパク質からのエネルギー産生において、また酸素運搬色素であるヘモグロビンの合成に重量な役割を果たします(2)

欧州委員会などに科学的助言を行う欧州食品安全機関(EFSA)は、以下に貢献するビタミンB12の食物摂取に関連する明確な健康上の利点が、確立されていることを裏付けました:

  • 正常な赤血球形成;
  • 正常な細胞分裂;
  • 正常なエネルギー代謝;
  • 免疫系の正常な代謝;
  • 正常なホモシステイン代謝(心臓の健康);
  • 正常な神経学的および、心理学的な機能;
  • 疲労感と倦怠感の軽減。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報