nutrientthumbnail

ビタミン B12

動物性食物の中だけに含まれるビタミンB12は、金属イオンコバルトを含んでおりビタミンとしてはユニークな存在です。この理由で、ビタミンB12活性化合物は「コバラミン」と呼ばれます。

人体内で、ビタミンB12は「メチルコバラミン」を形成し、「5-デオキシアデノシル?コバラミン」が使用されます。殆どのサプリメントは「シアノコバラミン」の形で含まれ人体内で変換されます(1)

Download PDF

詳しく見る

ビタミンB12について知っておくべきこと

  • その他の適用例

    胃の細胞がビタミンB12を吸収するために人体に必要な特定のタンパク質(「内因子」)を産生できないときに悪性貧血が起こります。兆候は虚脱感、血の気のない皮膚、下痢、体重減少、熱、痺れおよび、四肢刺痛、平衡感覚障害、精神錯乱、記憶喪失および、興奮性が認められます。 続きを読む

  • 推奨摂取量

    1993年、ヨーロッパ食品科学委員会は、ビタミンB12の参照摂取量(PRI)を1日当たりマイクログラム(mcg)単位で設定しました(26). 続きを読む

  • 欠乏症

    食物からのビタミンB12の吸収は、胃、膵臓および、消化管(「腸」)の機能が正常であることを必要とします。 続きを読む

  • 給源

    バクテリアによってのみ合成されるビタミンB12は、肉、鶏肉、魚(貝類を含めて)、ムール貝および、含有量は少ないがミルクなどの畜産物に含まれますが、一般的には植物性産物あるいは、イーストには存在しません(1)。 続きを読む

  • 安全性

    食物または、サプリメントからの健康な人体におけるビタミンB12の高用量摂取と毒性あるいは、副作用との関連性はありません。 続きを読む

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報