ビタミンB12 // 形メチルコバラミン

参考文献

参考文献

  1. Brody T. 栄養生化学。第2版。San Diego: Academic Press; 1999.
  2. Shane B. 葉酸、ビタミンB12および、ビタミンB6。In: Stipanuk M, ed. 人間栄養の生化学と生理学上の見方。Philadelphia: W.B. Saunders Co.; 2000:483–518. 
  3. Gerhard GT, Duell PB. ホモシステインとアテローム性動脈硬化症。Curr Opin Lipidol. 1999; 10(5):417–428. 
  4. ホモシステイン低下被験者のコラボレーション。葉酸ベースのサプリメントによる血中ホモシステイン低下:ランダム化試験のメタ・アナリシス。ホモシステイン低下被験者のコラボレーション。BMJ. 1998; 316(7135):894–898. 
  5. Stabler SP, Lindenbaum J, Allen RH. 高齢者におけるビタミンB12欠乏症:現在のジレンマ。 Am J Clin Nutr. 1997; 66(4):741–749. 
  6. Fenech M. ヒトリンパ球における小核頻度は、血漿ビタミンB12とホモシステインに関連。 Mutat Res. 1999; 428(1-2):299–304. 
  7. Lajous M, Lazcano-Ponce E, Hernandez-Avila M, Willett W, Romieu I. 葉酸、ビタミンB6および、ビタミンB12摂取とメキシコ女性における乳ガンのリスク。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2006; 15(3):443–448. 
  8. Shrubsole MJ, Jin F, Dai Q, et al. 食物葉酸摂取と乳ガンのリスク:上海乳ガン研究からの成果。 Cancer Res. 2001; 61(19):7136–7141. 
  9. Lajous M, Romieu I, Sabia S, Boutron-Ruault MC, Clavel-Chapelon F. フランス女性を対象としたプロスペクティブ研究における葉酸、ビタミンB12および、閉経後の乳ガン。Cancer Causes Control誌. 2006; 17(9):1209–1213. 
  10. Eskes TK. 開かれているのか、閉ざされているのか?差異の世界:ホモシステイン研究の歴史。Nutr Rev. 1998; 56(8):236–244. 
  11. Mills JL, Scott JM, Kirke PN, et al. ホモシステインと神経管欠損症。J Nutr. 1996; 126(3):756S–760S. 
  12. Wang HX, Wahlin A, Basun H, Fastbom J, Winblad B, Fratiglioni L. アルツハイマー病の発症とビタミンB12および、葉酸との関連性。神経学。2001; 56(9):1188–1194. 
  13. Seshadri S, Beiser A, Selhub J, et al. 認知症とアルツハイマー病のリスクファクターとしての血漿ホモシステイン。N Engl J Med. 2002; 346(7):476–483. 
  14. Ravaglia G, Forti P, Maioli F, et al. 認知症とアルツハイマー病に関するリスク要因としてのホモシステインと葉酸。Am J Clin Nutr. 2005; 82(3):636–643. 
  15. Luchsinger JA, Tang MX, Miller J, Green R, Mayeux R. 高齢者におけるアルツハイマー病のより低いリスクと高用量葉酸摂取。Arch Neurol. 2007; 64(1):86–92. 
  16. Morris MC, Evans DA, Schneider JA, Tangney CC, Bienias JL, Aggarwal NT. 偶発的アルツハイマー病と関連性のない食物葉酸および、ビタミンB12および、B6。J Alzheimers Dis. 2006; 9(4):435–443. 
  17. McMahon JA, Green TJ, Skeaff CM, Knight RG, Mann JI, Williams SM. ホモシステイン低下と認知能力の比較試験。N Engl J Med. 2006; 354(26):2764–2772. 
  18. Eussen SJ, de Groot LC, Joosten LW, et al. 緩やかなビタミンB12欠乏症の高齢者における認知能力についての葉酸を含むかあるいは、含まないビタミンB12の経口投与の効果:ランダム化プラセボ比較試験。Am J Clin Nutr. 2006; 84(2):361–370. 
  19. Hutto BR. 精神病における葉酸とコバラミン。Compr Psychiatry. 1997; 38(6):305–314. 
  20. Penninx BW, Guralnik JM, Ferrucci L, Fried LP, Allen RH, Stabler SP. 身体に障害のある高齢者女性のビタミンB12不足と鬱病:女性の健康と老化の研究からの疫学的証拠。Am J Psychiatry. 2000; 157(5):715–721. 
  21. Tiemeier H, van Tuijl HR, Hofman A, Meijer J, Kiliaan AJ, Breteler MM. 鬱病におけるビタミンB12、葉酸および、ホモシステイン:ロッテルダム研究。 Am J Psychiatry. 2002; 159(12):2099–2101. 
  22. Ingram CF, Fleming AF, Patel M, Galpin JS. 悪性貧血診断における抗内因子抗体テストの価値。 Cent Afr J Med. 1998; 44:178–181. 
  23. Abularrage CJ, Sidawy AN, White PW, Aidinian G, Dezee KJ, Weiswasser JM, Arora S. 高ホモシステイン血症を発症した患者における微小循環血管反応上の葉酸とビタミンB6および、B12の効果。Vasc Endovascular Surg. 2007 Aug–Sep; 41(4):339–45. 
  24. Yoshihara K, Kubo C. 慢性疲労症候群の治療と管理の概要。Nippon Rinsho. 2007 Jun; 65(6):1077–81. Review. 
  25. Chatterjee S, Chowdhury RG, Khan B. 男性不妊の内科的治療。J Indian Med Assoc. 2006 Feb; 104(2):74, 76–7. 
  26. 食品科学委員会(シリーズ31号)、欧州共同体における栄養素とエネルギーの摂取に関する報告書。1993年。 
  27. 食品栄養委員会、(米)医学研究所。ビタミンB12食事摂取基準量:チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチンおよび、コリン。Washington D.C.: National Academy Press; 1998:306–356. 
  28. Blokdijk V, van den Berg H and Hulshof K (2000). vlees(肉)に含まれるビタミンB12。 Voeding Nu 2: 13–15. 
  29. HMSO (1990). 英国人成人の食物と栄養調査。ISBN 0 11 691300 2, HMSO Books, London. 
  30. Baik HW, Russell RM. 高齢者におけるビタミンB12欠乏症。Annu Rev Nutr. 1999; 19:357–377. 
  31. Kuzminski AM, Del Giacco EJ, Allen RH, Stabler SP, Lindenbaum J. 経口コバラミン投与によるコバラミン欠乏症の効果的治療法。血液。1998; 92(4):1191–1198. 
  32. Lederle FA. 悪性貧血のための経口コバラミン投与。医療上の最高機密?JAMA. 1991; 265(1):94–95. 
  33. Hathcock JN, Troendle GJ. 悪性貧血の治療のための経口コバラミン投与?JAMA. 1991; 265(1):96–97. 
  34. Elia M. B12欠乏症のための経口または、注射療法。Lancet. 1998;352(9142):1721–1722. 
  35. Carmel R. コバラミン(ビタミンB12)。In: Shils ME, Shike M, Ross AC, Caballero B, Cousins RJ, eds. 健康と病気における最新栄養学。Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkins; 2006:482–497. 
  36. Herbert V. Vitamin B-12. In: Ziegler EE, Filer LJ, eds. 栄養素に関する現在の知識。第7版。Washington D.C.: ILSI Press; 1996:191–205. 
  37. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001 
  38. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンとミネラルのための許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報