ビタミンB3 // ナイアシン

参考文献

参考文献

  1. Brody T. 栄養生化学。第2版。San Diego: Academic Press; 1999.
  2. Cervantes-Laurean D, McElvaney NG, Moss J. ナイアシン。In: Shils M, Olson JA, Shike M, Ross AC, eds. 健康と病気における最新栄養学。第9版。 Baltimore: Williams & Wilkins; 1999:401–411. 
  3. Jacob R, Swenseid M. ナイアシン。In: Ziegler EE, Filer LJ, eds. 栄養素に関する現在の知識。第7版。Washington D.C: ILSI Press; 1996:185–190. 
  4. Jacobson EL, Shieh WM, Huang AC. 発ガンの防止と治療におけるNAD代謝の役割マッピング。Mol Cell Biochem. 1999; 193(1-2):69–74. 
  5. Hageman GJ, Stierum RH. ナイアシン、ポリ(ADP-リボース) ポリメラーゼ-1 および、ゲノム安定性。Mutat Res. 2001; 475(1–2):45–56. 
  6. Boyonoski AC, Spronck JC, Gallacher LM, et al. ナイアシン欠乏症は、骨髄ポリ(ADP-リボース)および、ラットでのエチルニトロソ尿素誘因の発ガンの潜伏期間を減少させる。J Nutr. 2002; 132(1):108–114. 
  7. Weitberg AB. ヒトリンパ球内の酸素ラジカル誘因の遺伝子損傷への生体内ニコチン酸サプリメント投与の効果。Mutat Res. 1989; 216(4):197–201. 
  8. Hageman GJ, Stierum RH, van Herwijnen MH, van der Veer MS, Kleinjans JC. ニコチン酸サプリメント投与:喫煙者のナイアシンステータス、細胞遺伝子の損傷および、ポリ(ADP-リボシル化)への効果。Nutr Cancer. 1998; 32(2):113–120. 
  9. Jacobson EL. 女性におけるナイアシン欠乏症および、ガン。J Am Coll Nutr. 1993; 12(4):412–416. 
  10. Negri E, Franceschi S, Bosetti C, et al. 選ばれた微量栄養素と口腔および、咽頭ガン。Int J Cancer. 2000;86(1):122–127. 
  11. Franceschi S, Bidoli E, Negri E, et al. 食道の扁平上皮細胞ガンの原因論における主要栄養素、ビタミンおよび、ミネラルの役割。Int J Cancer. 2000; 86(5):626–631. 
  12. Lampeter EF, Klinghammer A, Scherbaum WA, et al. ドイツニコチンアミド介入研究:1型糖尿病防止の試み。DENIS Group. 糖尿病。1998; 47(6):980–984. 
  13. Canner PL, Berge KG, Wenger NK, et al. Coronary Drug Project患者の15年死亡率:ナイアシンによる長期利点。J Am Coll Cardiol. 1986; 8(6):1245–1255. 
  14. Guyton JR, Capuzzi DM. 結合されたナイアシン-スタチン投薬計画による高脂血症の治療。Am J Cardiol. 1998; 82(12A):82U-84U; discussion 85–86U. 
  15. Brown BG, Zhao XQ, Chait A, et al. 冠動脈疾患防止のためのシンバスタチンとナイアシン、抗酸化ビタミンまたは、コンビネーション。N Engl J Med. 2001; 345(22):1583–1592. 
  16. McKenney J. 脂質障害の治療におけるナイアシンの使用についての新たな視点。Arch Intern Med. 2004; 164(7):697–705. 
  17. Wink J, Giacoppe G, King J. 長期スタチン療法を受けている患者における高比重リポタンパク質上の極低線量ナイアシンの効果。Am Heart J. 2002; 143(3):514–518. 
  18. Brown RR, Ozaki Y, Datta SP, Borden EC, Sondel PM, Malone DG. 癌、自己免疫疾患および、AIDSにおけるインターフェロンによって惹き起こされたトリプトファン異化作用の意味するもの。Adv Exp Med Biol. 1991; 294:425–435. 
  19. Tang AM, Graham NM, Saah AJ. ヒト免疫不全ウィルス1型感染症における延命のための微量栄養素摂取の効果。Am J Epidemiol. 1996; 143(12):1244–1256. 
  20. Jonas WB, Rapoza CP, Blair WF. 変形性関節症へのナイアシンアミドの効果:予備的研究。Inflamm Res. 1996; 45:330–334. 
  21. 食品科学委員会(シリーズ31号)、欧州共同体における栄養素とエネルギーの摂取に関する報告書。1993年。 
  22. 食品栄養委員会、(米)医学研究所。ナイアシン。食事摂取基準量:チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチンおよび、コリン。Washington, D.C.: National Academy Press; 1998:123–149. 
  23. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンとミネラルのための許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0. 
  24. Gregory JF, 3rd. 栄養特性とビタミン配糖体の意義。Annu Rev Nutr. 1998; 18:277–296. 
  25. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。 Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001 
  26. ビタミン群。Drug Facts and Comparisons(薬剤ハンドブック)。St. Louis: Facts and Comparisons; 2000:6–33. 
  27. Knopp RH. 様々な形のナイアシンを評価する。Am J Cardiol. 2000; 86(12A):51L–56L. 
  28. Greenbaum CJ, Kahn SE, Palmer JP. インスリン依存症糖尿病(IDDM)における危険な状態にある患者におけるグルコース代謝へのニコチンアミドの効果。糖尿病。1996; 45(11):1631–1634.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報