ビタミン B5 // パントテン酸

欠乏症

原因

自然発生的なビタミンB5不足は非常に希で、重度の栄養不足の場合にのみ観察されます。

症状

ビタミンB5(パントテン酸)欠乏症は、パントテン酸抑制因子および、パントテン酸欠乏食の実験的な併用投与で人為的に引き起こされる場合に限られます。この実験で頭痛、疲労、不眠症、腸障害および、四肢の無感覚および、刺痛 (14) を訴えた参加者が認められましたが、最新の研究では、参加者たちにパントテン酸を含まない食物のみを与えた結果は欠乏症の臨床的症状は現れず、多少の気だるさを示しまた、疲れを訴えたケースが認められました (15)

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報