ビタミンB6 // ピリドキサールリン

保健機能

ビタミンB6、ピリドキサールリン酸塩(PLP)の活性形は、人体内における必須の化学反応(触媒作用)の速度を加速する約100の酵素機能よって重要な役割を果たします(1, 2, 3, 4, 5)。例えば、蓄積されたグリコーゲン(「グリコーゲン・ホスホリラーゼ」)からグルコース放出の触媒作用を及ぼし、アミノ酸(糖新生)からグルコース生成反応に関連する酵素のためにPLPが補酵素として機能します (4, 5)

「セロトニン」などの脳、神経伝達物質において、「ドーパミン」と「ガンマ・アミノ酪酸」(GABA)は、PLP依存の酵素を使って合成されます(4)

全身に酸素を運ぶために赤血球内の「ヘモグロビン」の鉄の主成分であるヘム合成の役割を果たす補酵素としてここでもPLP が機能します。PLP は、ヘモグロビン分子と結合して、酸素を捕捉または、放出するその能力に影響を与えます。しかし、細胞組織への正常な酸素運搬上のこれらの影響については未だ解明されていません(4)

PLP は、必須アミノ酸「トリプトファン」からの ビタミンB3 、ナイアシンの合成における臨界反応に必要な補酵素です;従って、適正なビタミンB6は食物摂取によるナイアシンの所要量を減少させます (4)

「エストロゲン」および、「テストステロン」などのステロイドホルモンは、細胞核内のステロイドホルモン受容体と結合し、遺伝子表現(「転写」)を変化させることにより人体内でそれらの影響を発揮します。PLP は、ステロイドホルモンの結合を抑制しながら効果を減少させる方法で、ステロイド受容体に結合します。エストロゲン、黄体ホルモン、テストステロンおよび他のステロイドホルモンのためのPLPのステロイド受容体への結合は、患者のビタミンB6ステータスが、乳ガンと前立腺ガンを含むステロイドホルモンに起因する疾患を暗示するものであることを示唆します(4)

PLPは、核酸合成に関連する鍵酵素の補酵素として役立ちます。免疫系機能上のビタミンB6欠乏症の結果は、部分的に一炭素代謝におけるPLPの役割と関連している可能性があります。

欧州委員会などに科学的助言を行う欧州食品安全機関 (EFSA)は、以下に貢献するビタミンB6の食物摂取に関連する明確な健康上の利点が、確立されていることを裏付けました:

  • 正常なタンパク質とグリコーゲン代謝;
  • 神経系の正常な機能;
  • 正常な赤血球形成;
  • 免疫系の正常な機能;
  • ホルモン活性の調整;
  • 正常なホモシステイン代謝;
  • 正常なエネルギー産生代謝;
  • 正常なシステイン合成;
  • 正常な心理学的な機能;
  • 疲労感と倦怠感の軽減。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報