ビタミンB7 // ビオチン

保健機能

人体内では、ビタミンB7(ビオチン)は、「カルボキシラーゼ」として知られている5つの酵素の活性サイトに付随する補酵素です(3)。タンパク質(例えば、ヒストン)などの別の分子へのビオチンの結合は「ビオチン化」として知られています。

それぞれのカーボキシラーゼは、脂肪酸の合成、炭水化物(例えばアミノ酸)以外のソースからのグルコースの形成、ロイシン(必須のアミノ酸)の異化作用および、特定のアミノ酸、コレステロール特定の脂肪酸の代謝のために必要とされている必須の代謝反応に触媒作用を及ぼします(4)

証拠は、ヒストンのビオチン化が、細胞分裂(「増殖」)や他の細胞反応と同様、DNA複製と遺伝子表現(「転写」)を調節する役割を果たすことを示します(5, 6, 7)。 

欧州委員会などに科学的助言を行う欧州食品安全機関(EFSA)は、以下に貢献するビオチン(ビタミンB7)の食物摂取に関連する明確な健康上の利点が、確立されていることを裏付けました:

  • 正常な主要栄養素代謝;
  • 正常なエネルギー産生代謝;
  • 正常な皮膚と粘膜の維持;
  • 神経系の正常な機能;
  • 正常な毛髪の維持;
  • 正常な心理学的機能。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報