ビタミンC // アスコルビン酸

保健機能

ビタミンCは、血管、腱、靭帯および、骨の重要な構成成分であるコラーゲン合成に不可欠です。

また、ビタミンCは脳の機能に不可欠であるばかりでなく、心的状態に影響することでよく知られている神経伝達物質「ノルエピネフリン」合成に極めて重要な役割を果たします。

さらに、ビタミンCは、エネルギーへの変換のために細胞のミトコンドリアへの脂肪の運搬に必須の小分子、カルニチン合成のために不可欠です(2)

また研究では、ビタミンCが血中コレステロール濃度および、胆石発症に影響を与える胆汁酸へのコレステロール代謝に影響することを示唆しています(3)

ビタミンCは極めて強力な抗酸化物質です。少量でも、ビタミンCは正常な代謝の維持のみならず毒素や汚染物質(例えば、喫煙)への露出により生成されるフリーラジカル(遊離基)による損傷からタンパク質、脂質、炭水化物および、核酸(DNAとやRNA)などの人体内の必須分子を保護することができます。また、ビタミンCにはビタミンEなどの他の抗酸化物質を再生できる可能性があります(2)

欧州委員会などに科学的助言を行う欧州食品安全機関(EFSA)は、以下に貢献するビタミンCの食物摂取に関連する明確な健康上の利点が、確立されていることを裏付けました:

  • 酸化的損傷からの細胞成分の保護;
  • コラーゲン形成と骨格、歯、軟骨、歯茎、皮膚および、血管の正常な機能;
  • 非ヘム鉄吸収の増加;
  • 神経系の正常な機能;
  • 免疫系の正常な代謝;
  • 正常なエネルギー産生代謝;
  • 激しい運動の間と後の免疫系の正常な機能の維持;
  • ビタミンEの還元型の再生;
  • 正常な心理学的な機能;
  • 疲労感と倦怠感の軽減。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報