ビタミンD // カルシフェロール

供給状況

ドイツ (95), オーストリア (66)アイルランド (67)オランダs (68) および、英国(69), などヨーロッパ 諸国数ヵ国での調査では、人口のかなりの部分においてビタミンD摂取量が推奨量を下回っていることを示しています。

食物強化は、ビタミンD欠乏症について自己満足的な部分がありますが、栄養性くる病 (欠乏症を参照してください) が世界中の都市で未だに報告され続けています (70, 65)

複数の研究では、多くの高齢者および、特定の収容施設で生活する成人たちがビタミンDを十分に補給されていないので、ビタミンD欠乏症の極めて危険な状態にあることを示しました (71, 72)

文化的な理由から皮膚の全てを覆っている人々などの移民はビタミン欠乏症の大きな危険にさらされています(73, 74)。米国における1件の研究では、15才から49才までの年齢のアフリカ系アメリカ人女性の42%がビタミンD不足で、これに比較して白人女性のビタミンD不足は4%に過ぎないことが確認されています (75)

ビタミンD不足の値を1リットル(L)当たり75ナノモル(nmol)もしくは、1ミリリットル(mL)当たり30ナノグラム(ng)と定義した場合、世界の10億人の人々が現在ビタミンD不足であると推測されます(76)

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報