ビタミン

疾病リスクの軽減

現在に至る研究でビタミン摂取の不足が一部循環器疾患、ガン(癌)および、骨粗しょう症などの慢性疾患の発生を助長する恐れがあることを示す大量のデータを生成しました。更に、治験では食事、強化食品あるいは栄養補助食品によるビタミン摂取が、欠乏関連疾患を防止する効果があることを示しました。  一方では、多くの研究がビタミン摂取の唯一の方法である食物摂取が多数の生活習慣要因に左右されるためビタミンの摂取が疾患のリスク軽減には繋がらないことを示しました。その他の研究は食物摂取によるビタミンを疾病リスクの軽減と結びつけましたが、サプリメントの摂取を考慮しませんでした。このような矛盾に満ちた結果は、健康と栄養素の関係の複雑さを物語っています( 原則–微量栄養素の矛盾する科学も参照してください)。

ビタミンや他の微量栄養素の適正な摂取が人体内で全ての生化学作用に必要不可欠で健全な生活に必要であることは紛れもない事実です。ビタミンや食事、強化食品または、栄養補助食品における他の微量栄養素が、ジャンクフード、喫煙あるいは、過度な飲酒などの不健康なライフスタイルの選択を埋め合わせしてくれることはありません。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報