ビタミンE // トコフェロール

欠乏症

原因

ビタミンE欠乏症は、重度の栄養不良を伴う患者に散見されていてかつ、食物からの脂肪の吸収不良を引き起こします(例えば、嚢胞性線維症を発症した子供)。

症状

重度のビタミンE欠乏症は、バランスと調和(「運動失調」)障害、知覚神経への損傷(「末梢神経障害」)、筋衰弱(「筋障害」)および、網膜への損傷(「色素性網膜症」)を含む主として神経症状を引き起こす原因となります。

発達中の神経系は、特にビタミンE欠乏症による損傷を受け易いようです:出生時から重度のビタミンE欠乏症を発症した場合、急速にビタミンEによる治療を行わないと子供は神経症状を発症します。

対照的に、ビタミンEの含有量の少ない食物を摂取している健康な成人における症候性ビタミンE欠乏症は一度も報告されたことがありません(3, 70)

 

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報