ビタミンE // トコフェロール

参考文献

参考文献

  1. Traber MG. ビタミンEの活用。バイオファクター(Biofactors)。1999; 10(2-3):115–120.
  2. 食品栄養委員会、(米)医学研究所。ビタミンE。ビタミンC、ビタミンE、セレニウムおよび、カルテノイドのための栄養摂取基準。Washington D.C.: National Academy Press; 2000:186–283. 
  3. Traber MG. ビタミンE。In: Shils ME, Shike M, Ross AC, Caballero B, Cousins RJ, eds. 健康と病気における最新栄養学。Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkiins; 2006:396–411. 
  4. Bruno RS, Leonard SW, Atkinson J, et al. 喫煙者におけるより速い血中ビタミンEの消失はビタミンCサプリメントによって正常化される。Free Radic Biol Med. 2006; 40(4):689–697. 
  5. Traber MG. ビタミンEは心不全リスクを減らすか?食物推奨量に関する要約と意味合い。J Nutr. 2001; 131(2):395–397. 
  6. Traber MG. ビタミンEの抑制メカニズム。Annu Rev Nutr. 2007; 27:347–362. 
  7. Christen S, Woodall AA, Shigenaga MK, Southwell-Keely PT, Duncan MW, Ames BN. ガンマ-トコフェロールは、NO(X)などの突然変異誘発性の求電子試薬を捕捉してアルファ-トコフェロールを補完する: 生理学的意義。Proc Natl Acad Sci U S A. 1997; 94(7):3217–3222. 
  8. Li D, Saldeen T, Mehta JL. ガンマ-トコフェロールは、ヒトの冠状動脈内皮細胞で核ファクタ-kappaBおよび、アポトーシスのox-LDL-介在活性化を減少させる。Biochem Biophys Res Commun. 1999; 259(1):157–161. 
  9. Helzlsouer KJ, Huang HY, Alberg AJ, et al. アルファ-トコフェロール、ガンマ-トコフェロール、セレニウムおよび続発前立腺ガン間の関連性。J Natl Cancer Inst. 2000; 92(24):2018–2023. 
  10. Jiang Q, Christen S, Shigenaga MK, Ames BN. 米国における食物の主要な形であるカンマ-トコフェロールは注目に値します。Am J Clin Nutr. 2001; 74(6):714–722. 
  11. Knekt P, Reunanen A, Jarvinen R, Seppanen R, Heliovaara M, Aromaa A. 経度人口研究における抗酸化ビタミン摂取と冠動脈疾患による死亡。Am J Epidemiol. 1994; 139(12):1180–1189. 
  12. Kushi LH, Folsom AR, Prineas RJ, Mink PJ, Wu Y, Bostick RM. 食物抗酸化ビタミンと閉経後の女性における冠状動脈性心疾患による死亡。N Engl J Med. 1996; 334(18):1156–1162. 
  13. Rimm EB, Stampfer MJ, Ascherio A, Giovannucci E, Colditz GA, Willett WC. ビタミンE摂取と男性における冠状動脈疾患のリスク。N Engl J Med. 1993; 328(20):1450–1456. 
  14. Stampfer MJ, Hennekens CH, Manson JE, Colditz GA, Rosner B, Willett WC. ビタミンE摂取と女性における冠状動脈疾患のリスク。N Engl J Med. 1993; 328(20):1444–1449. 
  15. Lee IM, Cook NR, Gaziano JM, et al. 心血管疾患とガンの第一予防におけるビタミンE:女性の健康研究:ランダム化比較試験。JAMA. 2005; 294(1):56–65. 
  16. Glynn RJ, Ridker PM, Goldhaber SZ, Zee RY, Buring JE. 静脈血栓塞栓症の発症へのビタミンEサプリメントへのランダム・アロケーションの効果:女性の健康研究からの報告。血液循環。2007; 116(13):1497–1503. 
  17. Jialal I., Devaraj S. ビタミンEサプリメント投与とハイリスク患者における心血管系イベント。N Engl J Med, 2000; 342:154–60.
  18. Lonn E. et al. HOPE and HOPE-TOO Trial Investigators. 心血管系イベントとガンへの長期ビタミンEサプリメント投与の効果:ランダム化比較試験。JAMA, 2005; 293:1338–47. 
  19. Levy Y et al. 異なるハプトグロビン表現型を持つ糖尿病患者における心血管リスクへのビタミンEサプリメント投与の効果。糖尿病のケア。2004; 27(11):2767. 
  20. Milman U et al. ビタミンEサプリメント投与は、2型糖尿病とハプトグロビン2-2遺伝子型の双方の中年患者のサブグループにおける心血管系イベントを減らす:プロスペクティブ、二重盲検法による臨床試験。Art Thromb Vasc Biol. 2008; 28:341–347. 
  21. West AL, Oren GA, Moroi SE. 共通の眼疾患における栄養サプリメントとハーブ療法使用の証拠。Am J Ophthalmol. 2006; 141(1):157–166. 
  22. 加齢性白内障および、失明に関するビタミンC、Eおよび、β-カロテンによる高用量サプリメント投与のダンダム化プラセボ比較試験:AREDS報告書番号9 Arch Ophthalmol. 2001; 119(10):1439–1452. 
  23. Gritz DC, Srinivasan M, Smith SD, et al. 白内障の予防における抗酸化物質研究:南インドにおける白内障進行における抗酸化サプリメント投与の効果。Br J Ophthalmol. 2006; 90(7):847–851. 
  24. McNeil JJ, Robman L, Tikellis G, Sinclair MI, McCarty CA, Taylor HR. ビタミンEサプリメント投与と白内障:ランダム化比較試験。眼科。2004; 111(1):75–84. 
  25. Meydani SN, Meydani M, Blumberg JB, et al. 健全な高齢者対象におけるビタミンEサプリメントと生体内の免疫反応。ランダム化比較試験。JAMA. 1997; 277(17):1380–1386. 
  26. Meydani SN, Leka LS, Fine BC, et al. 高齢者老人ホーム居住者のおけるビタミンンEと呼吸器感染症:ランダム化比較試験。JAMA. 2004; 292(7):828–836. 
  27. Slatore CG, Littman AJ, Au DH, Satia JA, White E. サプリメントとしての総合ビタミン、ビタミンC、ビタミンEおよび、葉酸の長期使用は、肺ガンのリスクを減らさない。Am J Respir Crit Care Med. 2008; 177(5):524–530. 
  28. Alkhenizan A, Hafez K. ガンの予防いおけるビタミンEの役割:ランダム化比較試験のメタ・アナリシス。Ann Saudi Med. 2007; 27(6):409–414. 
  29. Heinonen OP, Albanes D, Virtamo J, et al. 前立腺ガンとアルファ-トコフェロールおよび、β-カロテンによるサプリメント投与:比較試験における発症と死亡。J Natl Cancer Inst. 1998; 90(6):440–446. 
  30. Klein EA, Thompson IM, Lippman SM, et al. SELECT:次期の前立腺ガン予防試験。セレニウムとビタミンEガン予防試験。J Urol. 2001; 166(4):1311–1315. 
  31. Lippman SM, Klein EA, Goodman PJ, et al. 前立腺ガンとその他のガンにおけるセレニウムとビタミンEの効果:セレニウムおよび、ビタミンEガン予防試験(SELECT)。JAMA. 2009; 301(1):39–51. 
  32. Masaki KH, Losonczy KG, Izmirlian G, et al. ビタミンEとCサプリメント使用の高齢者における認知機能と認知症との関連。神経学。2000; 54(6):1265–1272. 
  33. Stephens NG, Parsons A, Schofield PM, Kelly F, Cheeseman K, Mitchinson MJ. 冠状動脈疾患の患者におけるビタミンEのランダム化比較試験:ケンブリッジ心臓抗酸化研究(CHAOS)。Lancet. 1996; 347(9004):781–786. 
  34. Boaz M, Smetana S, Weinstein T, et al. 末期腎不全(SPACE)における心血管疾患の抗酸化物質による第二次予防:ランダム化プラセボ比較試験。Lancet. 2000; 356(9237):1213–1218. 
  35. Rapola JM, Virtamo J, Ripatti S, et al. 心筋梗塞の病歴を持つ男性における主要な冠動脈イベント発症におけるアルファ-トコフェロールとベータ・カロチンサプリメントのランダム化試験。Lancet. 1997; 349(9067):1715–1720. 
  36. Yusuf S, Dagenais G, Pogue J, Bosch J, Sleight P. ビタミンEサプリメント投与とハイリスク患者における心血管系イベント。The Heart Outcomes Prevention Evaluation Study Investigators. N Engl J Med. 2000; 342(3):154–160. 
  37. Gruppo Italiano per lo Studio della Sopravvivenza nell'Infarto miocardico. 心筋梗塞後のn-3多価不飽和脂肪酸とビタミンEによる食物サプリメント投与:GISSI-Prevenzione試験の結果。Gruppo Italiano per lo Studio della Sopravvivenza nell'Infarto miocardico. Lancet. 1999; 354(9177):447–455. 
  38. Rodrigo R, Prat H. et al. ビタミンCおよび、Eのサプリメント投与を通しての酸化ストレスの減少と、本態性高血圧症を発症した患者における血圧低減との関連性。Clinical Science 2008; 114:625–634. 
  39. Paolisso G, D'Amore A, Giugliano D, Ceriello A, Varricchio M, D'Onofrio F. 薬理学的なビタミンEの投与は健常者と非インスリン依存性糖尿病患者におけるインスリン活性を改善。Am J Clin Nutr. 1993; 57(5):650–656. 
  40. Paolisso G, Di Maro G, Galzerano D, et al. ビタミンEの薬理学的投与と高齢者におけるインスリン活性。Am J Clin Nutr. 1994; 59(6):1291–1296. 
  41. Paolisso G, D'Amore A, Galzerano D, et al. 毎日のビタミンEサプリメント投与は高齢者の2型糖尿病において代謝制御を改善するが、インスリンの分泌は改善しない。糖尿病のケア。1993; 16(11):1433–1437. 
  42. Reaven PD, Herold DA, Barnett J, Edelman S. 低密度のリポタンパク質の感受性におけるビタミンEの効果と酸化へのまた、インスリン非依存型糖尿病におけるタンパク質グリケーション上の低密度リポタンパク質サブフラクション。糖尿病のケア。1995; 18(6):807–816. 
  43. Davi G, Ciabattoni G, Consoli A, et al. 糖尿病における8-isoプロスタグランジンf2alphaと血小板活性化の生体内形成について:改善された代謝制御とビタミンEサプリメント投与の効果。血液循環。1999; 99(2):224–229. 
  44. Jain SK, McVie R, Jaramillo JJ, Palmer M, Smith T. 血グリコヘモグロビンとトリグリセリド濃度における適度なビタミンEサプリメント投与効果および、1型糖尿病患者における赤血球インデックス。J Am Coll Nutr. 1996; 15(5):458–461. 
  45. Meydani M. 抗酸化物質と認知機能。 Nutr Rev. 2001; 59(8 Pt 2):S75-80; discussion S80-72. 
  46. Sano M, Ernesto C, Thomas RG, et al. アルツハイマー病の治療としてのセレギリン、アルファ-トコフェロールあるいは、双方の比較試験。アルツハイマー病共同研究。N Engl J Med. 1997; 336(17):1216–1222. 
  47. Petersen RC, Thomas RG, Grundman M, et al. 緩やかな認知障害の治療のためのビタミンEおよび、ドネペジル。N Engl J Med. 2005; 352(23):2379–2388. 
  48. Masaki KH, Losonczy KG, Izmirlian G, et al. ビタミンEとCサプリメント使用の高齢者における認知機能と認知症との関連。Neurology, 2000; 54(6):1265–1272. 
  49. Yu W, Sanders BG, Kline K. ヒトの乳ガン細胞のRRR-アルファ-トコフェリル・コハク酸塩誘導のアポトーシスはミトコンドリアへのBaxトランスロケーションに関与する。Cancer Res. 2003; 63(10):2483–2491. 
  50. You H, Yu W, Munoz-Medellin D, Brown PH, Sanders BG, Kline K. ヒトMDA-MB-435 乳ガン細胞のRRR-アルファ-トコフェリル・コハク酸塩誘導の分化における細胞外シグナル制御キナーゼパスウェイの役割。Mol Carcinog. 2002; 33(4):228–236. 
  51. Neuzil J, Weber T, Schroder A, et al. アルファ-トコフェリル・コハク酸塩によるガン細胞アポトーシスの誘導:分子のパスウェイと構造要件。FASEB J. 2001; 15(2):403–415. 
  52. Brigelius-Flohe R, Kelly FJ, Salonen JT, Neuzil J, Zingg JM, Azzi A. ビタミンEに対するヨーロッパの見方:現在の知見および、将来の研究。Am J Clin Nutr. 2002; 76(4):703–716. 
  53. Nussenblatt R. et al. ブドウ膜炎に関連する黄斑浮腫の治療におけるビタミンE。American Journal of Ophthalmology. 2006; 141(1):193–194. 
  54. Darr D, Dunston S, Faust H, Pinnell S. 局所光防護としてのサンスクリーンの有無における抗酸化物質(ビタミンCおよび、E)の効果。Acta Derm Venereol (Stockh). 1996; 76(4):264–268. 
  55. Mirbagheri SA, Nezami BG, Assa S, Hajimahmoodi M. アクティブな潰瘍性大腸炎のためのd-アルファトコフェロールの直腸内適用:予備的リポート。World J Gastroenterol 2008; 14(39): 5990–5995 
  56. Gomez JA, Molero X, Vaquero E, Alonso A, Salas A, Malagelada JR. ビタミンEは慢性膵炎の発症と関連した生化学および、形態学的な機能を弱める。Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2004; 287(1):G162–9. 
  57. Chrubasik S. リューマチ性関節炎あるいは、骨関節炎のためのビタミンE:有効性の低い証拠。Z Rheumatol. 2003 Oct; 62(5):491. 
  58. Molina j. A. et al. パーキンソン病におけるアルファ-トコフェロール(ビタミンE)の脳脊髄液濃度。Journal of Neural Transmission. 1997; 104(11–12). 
  59. Saul A. W. Vitamin E: ビタミンE:認識を捜す治療。Journal of Orthomolecular Medicine, 2003; 18(3+4): 205–212. 
  60. 食品科学委員会(シリーズ31号)、欧州共同体における栄養素とエネルギーの摂取に関する報告書。1993年。
  61. Traber MG, Sies H. ヒトにおけるビタミンE:需要と供給。Annu Rev Nutr. 1996; 16:321–47. 
  62. ビタミンEの許容上限摂取量についての食物に関するEC 科学委員会、食物に関する科学委員会の意見、2003年。 
  63. Mensink GBM et al. (1999) Die Ernährung in Deutschland 1998. Gesundheitswesen 61, Sonderheft 2, 200–6. 
  64. Nationale Verzehrsstudie II, 2008 (www.was-esse-ich.de), Max-Rubner-Institut, Karlsruhe, Germany. 
  65. Institut für Ernährungswissenschaften, Österreichischer Ernährungsbericht (1998). 
  66. 英国国立統計局、国民栄養調査 (NDNS):19才から64才までの成人(2003年)。 
  67. Ford ES, Sowell A. 米国人口における血清アルファ-トコフェロールステータス:Third National Health and Nutrition Examination Surveyからの研究成果。Am J Epidemiol. 1999; 150(3):290-300. 
  68. Ahuja JK, Goldman JD, Moshfegh AJ. ビタミンEの栄養の現在の状態。Ann N Y Acad Sci. 2004; 1031:387–390. 
  69. Maras JE, Bermudez OI, Qiao N, Bakun PJ, Boody-Alter EL, Tucker KL. 米国成人におけるアルファ-トコフェロール摂取は限定的。J Am Diet Assoc. 2004; 104(4):567–575. 
  70. Traber MG. Vitamin E. In: Bowman BA, Russell RM, eds. 栄養素に関する現在の知識。第9版。第1巻。Washington, D.C.: ILSI Press; 2006:211–219. 
  71. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001. 
  72. Miller ER, Pastor-Barriuso R, Dalal D, Riemersma RA, Appel LJ, Guallar E. メタ・アナリシス:高用量ビタミンE投与が全死因死亡率を増加させる危険性。Ann Intern Med. 2005; 142(1):37–46. 
  73. Shekelle PG, Morton SC, Jungvig LK, et al. 心血管疾患の予防と治療のためのビタミンEサプリメントの効果。J Gen Intern Med. 2004; 19(4):380–389. 
  74. Eidelman RS, Hollar D, Hebert PR, Lamas GA, Hennekens CH. 心血管疾患の治療と予防におけるビタミンEのランダム化試験。Arch Intern Med. 2004; 164(14):1552–1556. 
  75. Vivekananthan DP, Penn MS, Sapp SK, Hsu A, Topol EJ. 心血管疾患の予防のための抗酸化ビタミンの使用:ランダム化試験のメタ・アナリシス。Lancet. 2003; 361(9374):2017–2023. 
  76. Bjelakovic G, Nikolova D, Gluud LL, Simonetti RG, Gluud C. 第一次および、第二次予防のための抗酸化物質サプリメントのランダム化臨床試験における死亡率 - 体系的なレビューとメタ・アナリシス。JAMA. 2007; 297(8):842-857. 
  77. Ristow M. et al. 抗酸化物質は、ヒトにおける身体運動の健康促進効果を阻む。PNAS Early Edition, online. 2009. 
  78. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンとミネラルのための許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0. 
  79. Gerß J. and Köpcke W. ビタミンEサプリメント投与と死亡率の不確かな関連性-異なるメタ・アナリシスアプローチの一貫性のない結果。Cellular and Molecular Biology. 2009; 55: 1111-20. 
  80. Biesalski H. K. et al. ランダム化臨床試験における死亡率と健康への抗酸化物質効果のメタ・アナリシスの再調査。栄養素。2010; 2:929–949.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報