ビタミン

安全性

ビタミンや食物に存在している他の微量栄養素は、一般に安全であると考えられていますが、一定のビタミンの高容量長期間投与は健康に有害であるかも知れません。 ビタミンおよび、ミネラルについての推奨栄養所要量 (RDA) は、年齢、性別および、妊娠などの要因に応じた健康な個々人のための妥当な微量栄養素の摂取量を定義します。時には、RDAを超える摂取が一定の健康上の問題を緩和する助けとなります。

許容上限摂取量
長期間過度に摂取されると多くのビタミンが人体に悪影響を与える可能性のある観点から、保健機関はこの問題に対処するため 許容上限摂取量 を設定しました。

ヨーロッパ、米国および、英国の保健機関により提示された成人のビタミンおよびミネラルの全体の日常摂取のための安全上限レベルの比較については:PDFを参照してください。 

薬物間相互作用
以下に留意してください: 
潜在的な相互作用が認められるので、食物サプリメントと合わせて医薬品を服用する場合は先ず、医師に相談してください。

ビタミンの詳細情報については、以下を選択してください。 


ビタミンA (レチノール) 
B ビタミン群 
   ビタミン B1 (チアミン)
   ビタミンB2 (リボフラビン)
   ビタミンB3 (ナイアシン)
   ビタミンB5 (パントテン酸)
   ビタミンB6 (ピリドキシン)
   ビタミンB7 (ビオチン)
   ビタミンB9 (葉酸)
   ビタミンB12 (シアノコバラミン)
ビタミンC (アスコルビン酸)
ビタミンD (カルシフェロール)
ビタミンE (トコフェロール)
ビタミンK (フィロキノン)

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報