ビタミンB1// チアミン

参考文献

参考文献

  1. Rindi G. チアミン。In: Ziegler EE, Filer LJ, eds. 栄養素に関する現在の知識第7版。Washington D.C.: ILSI Press; 1996:160–166.
  2. Tanphaichitr V. チアミン。In: Shils M, Olson JA, Shike M, Ross AC, eds. 健康と病気における最新栄養学 第9版。Baltimore: Williams & Wilkins; 1999:381–389. 
  3. Brody T. 栄養生化学 第2版。San Diego: Academic Press; 1999. 
  4. Cumming RG, Mitchell P, Smith W. 食物摂取と白内障:ブルーマウンテンズガン疾患疫学調査。眼科。2000; 107(3):450–456.
  5. Jacques PF, Taylor A, Moeller S, et al. 長期栄養素摂取と中心レンズ混濁における5年後の変化。Arch Ophthalmol. 2005; 123(4):517–526.
  6. Thomson AD, Marshall EJ. コミュニティ内でウェルニッケ脳症を発症した危険な状態の患者の治療。アルコール。2006 Mar-Apr; 41(2):159-67. Epub 2005 Dec 29. 
  7. Rodriguez-Martin JL, Qizilbash N, Lopez-Arrieta JM. アルツハイマー病のためのチアミン (コクラン・レビュー)。コクランデータベース・システムレビュー。2001; 2:CD001498.
  8. Wilkinson TJ, Hanger HC, George PM, Sainsbury R. 高齢者のチアミン欠乏症は、年齢に関連したものなのかあるいは、併存疾患によるものなのか?老化。 2000; 29(2):111–116. 
  9. Zenuk C, Healey J, Donnelly J, Vaillancourt R, Almalki Y, Smith S. 長期フロセミド治療を受けている鬱血性心不全患者のチアミン不足。 Can J Clin Pharmacol. 2003; 10(4):184–188. 
  10. Shimon I, Almog S, Vered Z, et al. 長期フロセミド治療を受けている鬱血性心不全を発症した患者にチアミンサプリメント投与後の左心室機能の改善。Am J Med. 1995; 98(5):485–490. 
  11. Leslie D, Gheorghiade M. 心不全の管理においてチアミンサプリメント投与の役割はあるのか?Am Heart J. 1996; 131(6):1248–1250. 
  12. Boros LG, Brandes JL, Lee WN, et al. ガン患者へのチアミンサプリメント投与:諸刃の剣。Anticancer Res. 1998; 18(1B):595–602.
  13. Comin-Anduix B, Boren J, Martinez S, et al. 腫瘍増殖に対するチアミンサプリメント投与の効果。代謝制御分析研究。Eur J Biochem. 2001; 268(15):4177–4182. 
  14. 食品科学委員会(シリーズ31号)、欧州共同体における栄養素とエネルギーの摂取に関する報告書1993年。
  15. 食品栄養委員会、(米)医学研究所。チアミン。
    食事摂取基準量:チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチンおよび、コリン。Washington D.C.: National Academy Press; 1998:58–86.
  16. Russell RM, Suter PM. 高齢者のビタミン所要摂取量:最新情報。Am J Clin Nutr. 1993; 58(1):4–14. 
  17. Robert Koch Institut, Was essen wir heute?: Beiträge zur Gesundsheitsberichterstattung des Bundes. (2002). 
  18. Insitut für Ernährungswissenschaften, Österreichischer Ernährungsbericht (1998). 
  19. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。 Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001. 
  20. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンとミネラルのための許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報