ビタミン

その他の適用例

何年にも亘って、ビタミン研究の重点は主に不足との闘いから健康増進と病気治療に推移してきました。しかし、食物摂取と多因子性疾病間の関係は非常に複雑で、薬物治験に適用する標準的方法による微量栄養素の測定を行おうとする試みは部分的にのみ有効なようです。( 原則–微量栄養素の矛盾する科学 も参照してください) 
 
高用量ビタミン投与は、標準的な薬物療法に取って代わることが可能な「特効薬」ではありません。しかし、特定のあるケースについては高用量ビタミン投与による病気の治療は見込がある結果を示し、またその幾つかは薬として登録されています。概して、ランダム化比較試験 が実際の効果の立証には必要とされます。

以下に留意ください: 

全ての食事療法あるいは、高用量微量栄養素による薬物治療には医師による指示が必要です。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報